HOME > ニュース > TOHOシネマズ日比谷、「IMAXレーザーシステム」を11/4より導入。『インターステラー』など過去作上映イベントも

TOHOシネマズ4館目の導入

TOHOシネマズ日比谷、「IMAXレーザーシステム」を11/4より導入。『インターステラー』など過去作上映イベントも

2022/10/04 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
TOHOシネマズ日比谷は、4Kレーザープロジェクターと12chサウンドシステムによる「IMAXレーザーシステム」を11月4日(金)より導入することを発表した。

TOHOシネマズ4館目の導入

この度IMAXレーザーシステムが導入されるのは、日比谷ミッドタウン内のTOHOシネマズ日比谷 スクリーン4。導入工事に伴い、10月12日(水)から11月3日(木・祝)の間は同施設のIMAXシアターは休館。なお、日比谷へのIMAXレーザー導入により、TOHOシネマズにおける同システム導入館は新宿、流山おおたかの森、西宮OSと合わせて計4館となる。

TOHOシネマズ日比谷では、IMAXレーザー導入を記念した特別上映「IMAX映画祭㏌日比谷」を開催。映画館で初上映となるIMAXドキュメンタリー作品や珠玉の名作・新作が上映される。

ドキュメンタリー作品は、計4作を2作ずつ上映。「TypeA」は『Hubble 3D -ハッブル宇宙望遠鏡-』『A Beautiful Planet 3D -ビューティフル・プラネット-』の2本、「TypeB」の編成は『Under the Sea 3D -アンダー・ザ・シー』『Born To Be Wild 3D -野生に生きる-』の2本。タイトルにもあるように、全作3Dフォーマットで上映される。

新作・特別上映として、リニューアル後の11月11日に公開を控える、新海誠の最新作『すずめの戸締まり』や、現在もヒットを続ける『トップガン マーヴェリック』『ONE PIECE FILM RED』、オペラ歌手ルネ・フレミングのドキュメンタリー作品などの上映を実施。

旧作上映は、庵野秀明監督作品『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版 EVANGELION:3.0+1.0』、脚本・総監修としてクレジットされる『シン・ウルトラマン』や、洋画では『インターステラー』『ボヘミアン・ラプソディ』『グレイテスト・ショーマン』など、全16作品が上映タイトルとしてラインナップ。公開予定作品の詳細はイベントページにて確認可能だ。

チケット料金は、ドキュメンタリー、旧作上映が一般1,500円、大学生以下・シニア:1,000円(IMAXレーザー追加料金、3D料金含む)、新作・特別上映は通常料金にIMAXレーザー追加料金(600円)が加わる。チケットの発売タイミングや、販売状況については現在アナウンスされていないが、今後、劇場ホームページにてアナウンスされることが予想される。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック