HOME > ニュース > Astell&Kern、最上位DAP「A&ultima SP3000」。バランス/アンバランス完全分離の“HEXAオーディオ回路”搭載

出力を完全分離する“デュアルオーディオ回路”も

Astell&Kern、最上位DAP「A&ultima SP3000」。バランス/アンバランス完全分離の“HEXAオーディオ回路”搭載

2022/09/13 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernブランドより、“デュアルオーディオ回路” と “HEXAオーディオ回路構造” を搭載する新フラグシップモデル「A&ultima SP3000」を10月に発売する。価格はオープンだが、税込659,980円前後の実売が予想される。カラーバリエーションとしてブラックとシルバーの2色を展開する。

「A&ultima SP3000」シルバー

「A&ultima SP3000」ブラック

Astell&Kernのフラグシップライン “A&ultimaシリーズ” の最新トップモデル。A&ultima SP3000では「ラグジュアリーとイノベーションの融合」を目指したとし、バランス出力とアンバランス出力を完全に分離させた「デュアルオーディオ回路」と、デジタル/アナログの信号処理を完全分離した「HEXAオーディオ回路構造」を搭載。“かつて無いピュアなサウンドを再現可能” だとしている。

バランス出力とアンバランス出力を完全に分離させた「デュアルオーディオ回路」を搭載

「HEXAオーディオ回路構造」では、旭化成エレクトロニクス(AKM)の新フラグシップDAC「AK4499EX」を4基初搭載し、デジタル信号処理用に「AK4149EQ」2基を搭載。バランス/アンバランス段ごとにAK4499EXを2基、AK4149EQを1基を用いて、デジタルとアナログの信号処理を独立して行なう。これにより、圧倒的なS/N比を実現したと謳う。ほか、従来機にも採用実績のある導電性の高い高純度銀を塗布した銀メッキシールド缶も内部に導入されている。

DAC構成イメージ

主要回路を一体化したAstell&Kern独自のサウンドソリューション「TERATON ALPHA」を、本モデルのためにブラッシュアップして搭載。電源ノイズの除去や効率的なパワーマネジメントなどが図られており、HEXAオーディオ回路構造のDAC部と、独立したデュアルオーディオ回路との組み合わせにより、「驚くほどリアルなサウンド」を再生するとアピールしている。

オーディオフォーマットは最大PCM 768kHz/32bit、DSD 512のネイティブ再生に対応。MQA音源再生もサポートする。再生音源のサンプリングレートをリアルタイムに最大PCM 384kHz/DSD 256までアップサンプリングする「DAR(デジタルオーディオリマスター)機能も備える。

また、Open APK によるストリーミングサービスへの接続をサポートしており、Roon Readyに対応する。

SoCにはQualcomm「Snapdragon 6125」オクタコアCPUを採用。スムーズな処理を実現したとする。Bluetoothはバージョン5.0に準拠し、aptX HD/LDACコーデックによ高品位なワイヤレス再生にも対応する。

筐体素材には、耐久性・耐食性に優れ、高級時計にも用いられる「904Lステンレススチール」をポータブルプレーヤーとして世界初採用。時計の竜頭をイメージしたデザインのボリュームコントロールノブを側面に備える。

5.46型のフルHDディスプレイを搭載。新世代のグラフィックユーザーインターフェースを採用し、ストリーミングサービスを含めて楽曲の探しやすさを向上させたとしている。

ALRAN社によるゴートスキンレザーケース(グリーン)を同梱する

出力端子は、3.5mmアンバランス(光出力兼用)、2.5mm/4.4バランス端子を備える。再生アシスト機能としてヘッドホンでスピーカーに近い音像を実現する「クロスフィード」を搭載する。

付属品として、フランスのタルンでハンドクラフトを行なうALRAN社によるゴートスキンレザーケース(グリーン)を同梱。木の板を使って様々な方向に擦ることで革を加工する、ALRAN社独自のハンドボーディング技術により質感の高い表面に仕上げたとする。

そのほかの具体的な製品仕様や、正式な国内発売日については確定次第アナウンスするとしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク