HOME > ニュース > iBasso、専用電源回路でアンプを強化したUSB-DACアダプター「DC06」。ヘッドホン出力は2系統搭載

USBケーブル着脱にも対応のハイグレードモデル

iBasso、専用電源回路でアンプを強化したUSB-DACアダプター「DC06」。ヘッドホン出力は2系統搭載

2022/06/24 編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
MUSINは、同社取り扱いブランド・iBasso Audioから、USB-DACアダプター「DC06」を6月29日より発売する。価格はオープンだが、市場では税込16,000円前後での実売が想定される。なお、無くなり次第終了の先着購入特典として、USB Type-C とLightningケーブルも用意される。

「DC06」

同ブランドのUSB-DACアダプター “DCシリーズ” として初めて3.5mmシングルエンド/4.4mmバランス端子を同時搭載し、またUSBケーブル着脱構造も採用したハイグレードモデルに位置づけられる。

DCシリーズでは初めて、2系統のヘッドホン出力やUSBケーブル着脱設計を採用した

内部にはESSのDACチップ「ES9219C」を2基搭載し、PCMは384kHz/32bit、DSDは11.2MHz ネイティブ再生までサポート。MQAレンダラー機能も備え、最大16倍までのMQA展開に対応する。従来モデル「DC05」から引き続き、NDK社製の高精度フェムトクロック水晶発振器も採用している。

加えて、DACチップのポテンシャルを最大限引き出すため、アンプセクション専用の電源供給回路を搭載。これにより従来モデルを超える力強いアンプ駆動が可能となり、4.4mm接続時には最大出力320mW(32Ω)を実現した。

アンプ部専用の電源供給回路を搭載し、出力を高めた

USB端子はType-Cを採用し、付属のUSB Type-Cケーブルから別売りのケーブルに付け替えが可能。汎用的な接続規格であるUAC 2.0(USB Audio Class 2.0)に準拠するため、AndroidやWindows10/11、MacOS端末では接続するだけで利用できる。またAndroid端末では、64段階の細かなハードウェア・ボリューム調整が可能となる専用アプリ「iBasso UAC」が用意される。

周波数特性は20Hz - 40kHz(-0.5dB)。4.4mmバランスの出力レベルは3.2Vrms(32Ω)、THD+Nは0.0005%(32Ω)、S/Nは123dB、出力インピーダンスは0.5Ω以下。3.5mmシングルエンドの出力レベルは2Vrms(32Ω)、THD+Nは0.0007%(32Ω)、S/Nは120dB、出力インピーダンスは0.3Ω以下。

本体の外形寸法は50W×23Hmm、質量は23g。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク