HOME > ニュース > エプソン、一部商品を7/1出荷分より価格改定。業務機器や家庭用プリンター用紙など

製造コストの上昇により

エプソン、一部商品を7/1出荷分より価格改定。業務機器や家庭用プリンター用紙など

2022/05/20 編集部:杉山康介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
エプソン販売(株)は、プリンター本体や消耗品など一部商品の出荷価格を7月1日納品分より改定することを発表した。

同社は原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転嫁を避けるよう最大限努力してきたが、企業努力だけでは価格維持が困難な状況に至っているため、改定を実施したと説明している。

対象となるのは大判プリンターの本体・オプションやビジネスプロジェクター本体、ホームプリンター用紙など、以下に記載する商品。対象商品の一覧や改定後価格などは公式サイトから確認されたい。

大判プリンター/業務用写真・プリントシステム
・本体・オプション:180商品
・消耗品(インク・用紙):764商品

ビジネスプロジェクター
・本体:19商品

ページプリンター
・本体:22商品
・消耗品(トナー):156商品

スキャナー
・本体:16商品

ホームプリンター
・消耗品(用紙):76商品

ビジネスインクジェットプリンター
・消耗品(インク):38商品

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック