「TCL 144Hz Mini LED TV」

<CES>TCL、144Hz対応のミニLED液晶テレビを2022年内に展開予定

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2022年01月06日
TCLは、1月5日から7日まで、米ラスベガスとオンラインで開催されている「CES2022」にて、144Hzのリフレッシュレートに対応するミニLED液晶テレビを2022年内に展開することを発表した。

144Hzのリフレッシュレートで“臨場感あふれる映像体験”を実現

144Hzのリフレッシュレートは、対人戦ゲームでは勝利のための重要なポイントとなり、カジュアルなゲームでも格別な反応性を味わえると説明。LEDバックライトを分割制御するローカルディミングゾーンは1,000を超え、圧倒的な輝度とコントラストを実現。細部まで鮮明に映し出すことで、臨場感あふれる視聴体験を提供するとアピールしている。

144Hz対応ディスプレイは今年のミニLED液晶テレビのプレミアムモデルに採用予定で、今年のミニLED液晶テレビの詳細は今期の後半に追ってアナウンスするとのこと。また、より高い生産基準やエネルギー効率、プレミアムな映像性能によって、今後数年間のうちにミニLED液晶テレビの分野でトッププレーヤーになるとコメントしている。

関連リンク

関連記事