E-Inkの技術を活用

<CES>BMW、車の外観色を自由に変えられる技術を開発

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2022年01月06日
独BMWは、ラスベガスとオンラインで開催されている「CES 2022」において、クルマの外観色を自由に変えられる新技術「BMW iX Flow featuring E Ink」を発表した。ラスベガスの現地では実車でのデモも行われている。

このブラックボディーの車に電気信号を与える

写真のような白色の車に変化する

名称の通り、E Ink技術を使ったもので、特別に開発された車体をくるむラッピングを使って、外観色を変えることを実現する。1つの車体につき数百万個のペイントカプセルが使われており、ペイントカプセルに電気信号を与えると、電気泳動で様々な色の顔料が現れ、希望の色に変化させられるという。

写真のようにグラデーションをかけたり、模様を描いたりすることもできる

ドライバーの好みや気分によって、好きなとき、好きな色に車体色を変えることができる。また、たとえば白色にすれば太陽光を反射しやすく、黒色にすれば吸収しやすくなるため、日光や外気温にあわせて色を変えるといった使い方も可能。これにより、車のエアコンの消費電力を抑え、EVの航続距離を伸ばすこともできるとしている。

関連記事