予想実売価格は税込135,000円前後

ミックスウェーブ、新国産イヤホンブランド「clariar」取り扱い開始。第1弾は6BAモデル「i640」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年06月18日
ミックスウェーブは、新イヤホンブランド「clariar(クラリア)」の取り扱いを開始。第1弾モデルとなる6BAモデル「i640(アイロクヨンレイ)」を6月25日より発売する。価格はオープンだが、市場では税込135,000円前後での実売が想定される。

「i640(アイロクヨンレイ)」

clariarは、長年カスタムIEMの製造/開発に関わってきたというエンジニアが立ち上げた国産ブランド。ブランド名は “明瞭” “鮮明” “透明” を表す単語「clarity」から名付けられており、「現代の楽曲の音作りにも対応した、タイトで応答性の高い低域と見通しの良い明瞭な中高域を両立させたサウンド、上質で落ち着いたデザインをまとったIEMを多くの人に届ける」ことをコンセプトに掲げている。

ブランド初の製品となるi640は、低域にKnowles社製ベントホール付デュアルBAドライバー、中域に質感表現に優れるSonion社製BAドライバーとカスタマイズされたKnowles社製BAドライバー、高域に伸びと空気感に優れたKnowles社製デュアルBAドライバーを搭載する6BAモデル。低域の応答性を高め、鋭い立ち上がりと素早い収束を実現することで得られる芯のある心地よいキックのリズムとベースライン、音かぶりのない明瞭なボーカル、見通しの良い中高域を実現したとする。

音導管には、一般的に使われる音響抵抗フィルターに加えて高密度特殊多孔質フィルターを多段で配置したローパスフィルター「h.d.p.f(high density porous filter)」を搭載。低域用ドライバーから出力される不要な帯域を効率的にカットし、位相特性や他の帯域のドライバーに影響を与えることなく、中域への被りを抑えた芯の強いクリアな低域を出力する。

一般的な音響抵抗フィルター(右)に加え、高密度特殊多孔質フィルター(左)も使用

また、イヤホン筐体内部の圧力を調整することで、ベントホールのある低域用BAドライバーの振幅を最適化する技術「r.c.p.o(rear cavity pressure optimizer)」を投入。低域の歪みを抑制し、かつ応答性を高めている。

加えて、医療用の高精度3Dプリンターにて製造したホルダーに各BAドライバーを装着する構造「composite housing structure」を採用。ホルダーは各帯域ごとに独立した音導管が備わっており、制振シリコン材を用いて筐体一体の金属製ステムと接続/固定される。この独自構造により帯域間の意図しない干渉を防ぎ、クリアでワイドレンジなサウンドを実現したという。

低域ドライバーを最適化する「r.c.p.o」、ドライバーを専用ホルダーに取り付ける「composite housing structure」といった独自構造により、目標とする音質を実現

筐体はアノダイズドアルミニウム合金製で、2つのパーツをアングル形状のアクセントパーツで繋ぎとめるという構造により、軽量かつ高い強度を確保。表面には、光があたった際の陰影や面の反射が映えるよう調整されたサンドブラスト加工が施されている。

デザインは、シンプルながら特徴的に仕上げるため、オフィスチェアや工業製品など数々の製品を手掛けてきた工業デザイナーと長い時間をかけて作り上げたもの。開発者が培ったカスタムIEM製作のノウハウも活かし、音響設計の自由度を考慮した少し大柄のサイズながら装着感も維持したとのこと。

シンプルながら飽きのこない、かつ音響設計の自由度や装着感も高いデザインを長い時間をかけて作り上げたという

再生周波数帯域は5Hz - 25kHz、インピーダンスは14.2Ω(@1kHz)、感度は97dB/mW。MMCX端子でのケーブル着脱に対応し、フレキシブル4コアOFCケーブル/3.5mmプラグのケーブルが付属。ほか、acoustuneブランドのイヤーピースAET07/AET02、レザーキャリングケースなどが同梱する。

関連記事