当初より約1か月早く発売

デノン、HEOSサウンドバー「DENON HOME SOUND BAR 550」の発売日を4月23日に前倒し

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年04月21日
デノンは、5月下旬に発売を予定していたサウンドバー「DENON HOME SOUND BAR 550」について、当初の予定よりも約1か月前倒しし4月23日に発売することを決定した。市場での予想実売価格は税込88,000円前後。

「DENON HOME SOUND BAR 550」が約1か月早く発売へ

DENON HOME SOUND BAR 550」は、横幅650mmのコンパクトな筐体に専用設計のドライバー6基、およびパッシブラジエーターを搭載し、ドルビーアトモス/DTS:Xの立体的なサラウンドにも対応するサウンドバー。

全デノン製品のサウンドクオリティを管理するサウンドマネージャーが入念なサウンドチューニングを行い、役者のセリフからボーカルの繊細な表情や質感、アクションシーンの轟音やバスドラムなどの低音も迫力たっぷりに再生できるとする。

サウンドマネージャーによるチューニングにより繊細さから迫力まで表現。「HEOS」による豊富なネットワーク再生機能も搭載

再生機能として、視聴するコンテンツに合わせて音質を調整できる3種類のサウンドモードや、人の声を明瞭化するダイアログエンハンサー、音響補正機能をすべて停止しストレートな音源再生に特化させるPureモードを搭載。

また、ネットワークオーディオ・プラットホームの「HEOS」に対応。Amazon Music HDやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービス、インターネットラジオ、AirPlay2、Bluetoothからの再生や、他のHEOS搭載機器と接続してマルチルーム再生を楽しむことが可能。

さらに後日配信予定のファームウェアアップデートを適用することで、本体内蔵マイクを通じてAmazon Alexaによる音声コントロールに対応。加えて、ネットワークスピーカー「Denon Home 150」または「Denon Home 250」2台をリアスピーカーとして接続し、後方まで広く展開する音場と音像定位が楽しめるリアルサラウンドシステムが構築できるとしている。

関連記事