ヤマダ電機で独占販売

FUNAI、本体色ホワイトのHDD内蔵テレビに40型モデルを追加

編集部:小野佳希
2021年01月13日
船井電機は、500GBのハードディスクを内蔵することで一台でテレビ録画が行える液晶テレビのホワイトモデルへ新たに40型機「FL-40H2020W」を追加。1月23日より発売する。従来どおりヤマダホールディングスグループ各店とヤマダウェブコムでの独占販売となり、価格は49,800円(税抜)。

FL-40H2020W

ホワイトモデルとしては32型と24型の2サイズが “2010シリーズ” として展開されていたが、新たに “2020シリーズ” として40型が追加された。500GBのHDDを内蔵し、約65時間の番組を録画可能。地デジ/BS/110度CSチューナーを2基搭載し、裏番組録画も行える。

必要なシーンでテレビ映像を静止できる「静止画機能」も搭載。料理番組のレシピを確認したり、キャンペーンの応募先を書き留めるなどといった際の使い勝手に配慮している。

そのほか、本体、リモコンに加え、電源コードもホワイト色でコーディネート。全体の統一性にもこだわっている。

関連記事