ヴァージル・アブローとのコラボレーションから誕生

ルイ・ヴィトン、完全ワイヤレス「ホライゾン イヤホン」にエンボス加工の新デザイン追加

編集部:成藤 正宣
2020年10月14日
ルイ・ヴィトン ジャパンは、MASTER&DYNAMICとのパートナーシップにより開発した完全ワイヤレスイヤホン「ホライゾン イヤホン」の新ラインナップ「ブラック&グリーン」モデルを10月16日より発売する。同社オンライストアでの価格は145,200円(税込)。

ルイ・ヴィトンの完全ワイヤレスイヤホン「ホライゾン イヤホン」に新デザインが追加

2020年10月2日〜10月15日の期間、オンラインストアおよびクライアントサービスでは先行予約を受け付ける。10月16日以降、一部ルイ・ヴィトン ストアでも取り扱いを開始する。

今年1月に発表したアップデートモデルの新デザイン。アーティスティック・ディレクターであるヴァージル・アブローのメンズ・コレクションのアイディアを踏襲し、メゾンを代表するシグネチャーの1つであるモノグラム・フラワーのパターンを、ハウジング上にエンボス加工で表現。中心には目を引く鮮やかなネオングリーンでモノグラム・フラワーを象り、クールかつモダンなデザインに仕上げたとする。

ヴァージル・アブローのアイディアを踏襲した、エンボス加工を用いたデザイン

充電ケースは同社の腕時計「タンブール ホライゾン」の凹みのあるラインを想起させるデザインを採用。ケース本体はサンドブラスト仕上げとブラックのPVDコーティングを施したステンレス製。蓋はサファイアガラスを採用し、ブラックのリング、スティールポリッシュカラーのモノグラム・フラワー、ネオングリーンのラインをあしらっている。

ケースは腕時計「タンブール ホライゾン」のラインを想起させるような仕上げとのこと

その他のスペックは従来モデルと共通。10mm口径のベリリウムドライバー、アクティブノイズキャンセリング機能および外音を取り込むアンビエントモードを搭載。

連続再生時間は、ノイズキャンセリングまたはアンビエントモード使用時で約8時間、通常使用時で約10時間。充電ケースでは最大約2回の充電が可能。

イヤホン/充電ケースともに、約15分で50%、約40分で100%の充電が可能。また、充電ケースはUSB-CとQi規格での充電に対応する。

その他、イヤホン本体はIPX5、充電ケースはIPX4等級の防水を備え、5サイズのシリコンイヤーピース(XL/L/M/S/XS)、3サイズのシリコンフィットウイングス(L/M/S)が付属する。質量はイヤホンが9g(片側)、充電ケースが110g。

関連記事