三越×ビックカメラ のタッグで手厚く接客

「ビックカメラ 日本橋三越」が2フロア展開へ。“おうちフィットネス”など新提案で売り場を充実

PHILEWEBビジネス 徳田ゆかり

前のページ 1 2 次のページ

2020年09月18日
2020年2月7日に、日本橋三越本店新館6Fにオープンしたビックカメラの店舗「ビックカメラ 日本橋三越」が、本日9月18日に増床オープンした。同6F・7Fの2フロア展開となり、より充実した品揃えとコーナーづくりでアピールする。

“日本橋KADEN”を掲げるビックカメラ 日本橋三越

「ビックカメラ 日本橋三越」では“日本橋KADEN”のワードを掲げ、日本橋三越本店のお客様層に合わせ、既存のビックカメラ 店舗とは異なる品揃え、環境づくり、接客サービスなどを展開する。今回の増床にあたっては、新たな商品やコーナーが数多く導入された。

最大の目玉は、おうちフィットネスをサポートする「KADEN FiTNESS」のコーナー。世界的に有名なイタリア製「テクノジム」のフィットネス機器を新たに導入、家庭内でテレビやオーディオ機器などを利用し楽しく行うフィットネス提案や、調理家電などで行う健康サポート提案などを展開している。

テレビを見ながらフィットネスを想起させる「KADEN FiTNESS」のコーナー

調理器具も組み合わせて健康提案

またお子さんやお孫さんへのプレゼントにと要望の高かったおもちゃのコーナーも新たに導入。車などの乗用玩具や海外製の木のおもちゃなど、こだわりの品揃えをアピール。照明のコーナーでも、問い合わせの多いフロアスタンドやデスクトップスタンドなどの商品を充実させた。さらにリフォームのカウンターも設置して要望に応える。

フロアスタンドやデスクトップスタンドも取り入れた照明コーナー

乗用玩具も充実する新設のおもちゃコーナー


リフォームのカウンターも設置

2月のオープン時から展開されていた「ビックカメラ 日本橋三越」ならではの、ソファに座ってゆっくりと商品を吟味できる「クオリティタイムゾーン」では、新たに単品オーディオも導入され、ハイエンドクラスのシステムを楽しむことができる。

「クオリティタイムゾーン」で新展開されている単品オーディオのコーナー



「クオリティタイムゾーン」では電子ピアノも展開
落ち着いた空間で丁寧な接客を受け、さまざまな商品を体験できるビックカメラ 日本橋三越。日本橋の地で家電専門店ならではの醍醐味を味わってみたい。


テレビコーナー

ハイコンポのコーナー


ヘッドホンのコーナー

カメラコーナー


リモートのニーズに応えてPCのコーナーも品揃えを充実

洗濯機・冷蔵庫のコーナーは面積を3倍に

店長らが語る、次への意気込みとは

前のページ 1 2 次のページ

関連記事