最大48Gbps対応

inakustik、8Kフルスペック伝送が可能な光ファイバーケーブル「HDMI 2.1 OPTICAL FIBER CABLE」

編集部:川田菜月
2020年08月01日
ユキムは、同社が取り扱う独inakustikより、最大48Gbpsデータレートによる8Kフルスペック伝送に対応した光ファイバーケーブル「HDMI 2.1 OPTICAL FIBER CABLE」を8月7日に発売する。1mから100mまで12種類を用意し、価格は以下の通り。なお30m以上は受注生産となる。

「HDMI 2.1 OPTICAL FIBER CABLE」

1m 37,000円
2m 39,000円
3m 41,000円
5m 43,000円
8m 48,000円
10m 51,000円
15m 57,000円
20m 63,000円
30m 75,000円
50m 98,000円
70m 113,000円
100m 120,000円

その技術詳細は明らかにされていないが、「最新のドイツ製集積回路をメタルプラグに収めている」としており、48Gbps伝送に対応し、8K 50/60Hzフォーマットを最大100mの距離でフルスペック伝送できるとのこと。

最新のドイツ製集積回路をメタルプラグに収納

24Gbps対応で100mで4Kフルスペック伝送ができる光ファイバーHDMIケーブル「HDMI 2.0 OPTICAL FIBER CABLE」と同様に、24K金メッキ端子とソリッド・メタル・プラグを採用する。

HDCD 2.3およびHDR/HDR10/HDR10+をポート。最大50mのARC、30mのeARC、EDIDにも対応する。

4.0mm径導体はCE規格に準拠した柔軟性のあるもので、ストレスのない確実なコネクティングと高い作業性を実現するとのこと。PVC被覆内部にはオプティカル・ファイバー「Quartz Glass(石英ガラス)」と電源供給用の銅線(撚線)、繊維状のケブラーを使用し、補助的な追加電源は不要としている。

関連リンク

関連記事