2021年夏からの量産を予定

JDI、8K/292ppi/1000カンデラの30.2型液晶ディスプレイを開発。BT.2020カバー率90%モデルも

編集部:小野佳希
2020年07月31日
ジャパンディスプレイ(JDI)は、8K(7,680×4,320)解像度と画素密度292ppiの30.2型液晶ディスプレイを開発。サンプル対応を開始した。2021年夏からの量産を予定しているという。

高輝度モデルと広色域モデルの2タイプを用意

今後広がりを見せる非開腹手術(腹腔鏡手術、内視鏡手術)に加え、繊細な表示を求められる眼科や脳外科手術といった医療用途、および放送局や画像編集用途に適したものだと同社は説明。

用途に応じて使い分けられるよう、輝度1,000カンデラ/NTSC比85パーセントの色再現性の高輝度モデルと、輝度500カンデラでBT.2020カバー率90%を実現した広色域モデルの2仕様を用意している。高輝度モデルは8K4K医療用液晶ディスプレイの中では世界トップレベルの輝度を実現しているという。なお、両モデルともIPS-NEO液晶で、コントラスト比は1,400:1。

同社では「長年培ってきたディスプレイ技術により、今後更にヘルスケア・医療分野の製品ラインアップを順次拡大して参ります」とコメントしている。
  • トピック
  • 8K

関連リンク

関連記事