NHK技研が開発

NHK、VR/AR活用した「空間共有コンテンツ視聴システム」。遠隔地の友人が隣にいるような感覚に

編集部:小野佳希
2020年07月28日
NHK放送技術研究所は、VR/ARを用いることで遠隔地の人とあたかも同じ空間でコンテンツを視聴しているように感じることができる「空間共有コンテンツ視聴システム」を開発した。

本システムでは、例えば、遠隔地にいる友人が自分の隣に座っているように感じながら、水族館のVR映像を楽しむことができるとのこと。ヘッドマウントディスプレイで視聴している水族館のVR映像に、遠隔地にいる友人の3次元映像を合成することで、あたかも友人と一緒に水族館にいるかのような体験ができるとしている。

水族館のVR映像を視聴する場合に自分が見ている映像

また、遠隔地にいる友人の3次元映像は、距離センサー付きのカメラでリアルタイムに撮影され、通信経由で伝送。同様に、自分の3次元映像も友人に伝送され、友人が見ている水族館のVR映像に合成表示されるため、お互いに、会話や身振り手振りを交えたコミュニケーションを取りながら、同じコンテンツを視聴することができる。

システム概念図

さらに、カメラ付きのヘッドマウントディスプレイを使うことで、自分の部屋にAR技術で合成される出演者の3次元映像を、遠隔地にいる友人とコミュニケーションしながら視聴することも可能。

AR合成された出演者の3次元映像を視聴する場合に自分が見ている映像

NHK技研では、「今後、本システムを使って、離れた場所で一緒に同じコンテンツを視聴する場合の提示方式やコミュニケーションを支援する技術などの研究開発を進め、将来の新しい視聴スタイルの実現を目指します」としている。

関連リンク

関連記事