ショートスティックデザイン

SUDIO、初のノイキャン完全ワイヤレスイヤホン「ETT」。通話時は外音取り込みが自動で起動

編集部:杉山康介
2020年06月25日
モダニティは、同社が取り扱うSUDIOブランド初となるアクティブノイズキャンセル機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「ETT」を、7月より発売する。価格は16,800円(税込)。

ETT

同ブランドでは初となるアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載・ショートスティックデザイン採用の完全ワイヤレスイヤホン。音楽再生中の着信時には外音取り込み機能が自動的に起動し、スムーズかつ自然な会話が可能だという。

ANCオン時は約4時間(イヤホン単体)/約20時間(ケース充電併用)、ANCオフ時は約6時間(イヤホン単体)/約30時間(ケース充電併用)の連続再生が可能。充電はUSB-C接続のほかワイヤレス充電にも対応する。

BluetoothはVer.5.0、コーデックはSBCに対応。左右独立型自動ペアリングで素早く簡単な接続が可能だという。再生周波数特性は20Hz-20kHzで、インピーダンスは32Ω、音圧レベルは98±3dB。質量は本体片側が5g、ケースが107g。ホワイト/ブラック/ピンク/グリーンの4カラーをラインナップする。

装着イメージ

関連リンク

関連記事