アーティストによるカセットでの限定作品販売など

カセットテープを祝う「カセットストアデイ」、10月17日に開催

編集部:小野佳希
2020年06月23日
カセットテープを祝うために世界各地で毎年開催されているイベント「カセットストアデイ」。2020年の開催日が10月17日に決定した。

カセットストアデイが10月17日に開催

「カセットストアデイ」は、レコードの祭典「RECORD STORE DAY」にインスパイアされており、アーティスト・レーベルによる限定リリース、公認ショップでの販売やイベントが展開されるというもの。

2013年にロンドンでスタート後、欧米各国を始め、中国、インドネシア、オーストラリア、カナダなど世界中で開催されるイベントへ成長。Blak Hand Records (イギリス)、Burger Records (アメリカ)、Side-B Creations (日本)によって運営されており、今年で8年目を迎える。過去にはザ・ホワイト・ストライプス、グリーン・デイ、ラモーンズ、ザ・フレーミング・リップス、モーターヘッドなどのリリースを行ってきた。

イベントでは、カセット文化を盛り上げたいという趣旨に賛同したアーティスト・レーベルが公式エントリーを行い、 カセットテープで限定リリースを行う。 また、レコード店舗やショップが公式ストアとしてその限定リリースの販売やイベントを展開。 カセットストアデイ事務局は、数多くのアーティスト・レーベル及び店舗がこのイベントに参加している事の拡散や告知を行う。

なお、世界的な新型コロナウィルス感染拡大を受けてオンラインでの開催になる可能性も示唆。『今年のカセットストアデイにおいては、オンラインで販売できる手段があるレコードショップは、 是非参加登録をお願いします。 カセットをリリースしたいミュージシャンとショップをサポートする事が、今の私たちの役目です。 ライブやイベントを行うことは困難かもしれませんが、オンライン上でライブをしたり、ミュージックビデオを撮影したり、バンドとのライブQ&Aやラジオ番組で紹介することもできます。この機会に様々な事にチャレンジして、可能な限りクリエイティブに音楽を発信していきましょう!カセットでのリリースもその手段の一つだと思います。』 (カセットストアデイ運営代表)としている。

現在はアーティストやショップからの参加申込みを公式サイトで受付中。今後は8月7日にリリース作品の第一弾発表、9月18日に最終リスト発表、そして10月17日の本番開催というスケジュールを予定している。

関連記事