異なるドライバー特性を骨伝導で調和

Unique Melody、静電型+骨伝導ドライバー搭載のハイブリッドイヤホン 「MEST」

編集部:川田菜月
2020年05月27日
ミックスウェーブは、同社が取り扱うUnique Melodyより、静電型+骨伝導ドライバー搭載のクワッドハイブリッドイヤホン 「MEST」を5月29日から発売する。価格はオープンだが、税込169,950円前後での実売が想定される。

「MEST」

春のヘッドフォン祭2020 ONLINEにて発表されたユニバーサルイヤホン。低域をカバーするダイナミック型を1基、BA型は中高域に2基、高域に2基、超高域に静電型ドライバーを2基搭載。加えて、同ブランド初の骨伝導ドライバーを1基用いた、8ドライバー5ウェイのクワッドハイブリッド構成を採用する。

骨伝導ドライバーは、特徴の異なるドライバー同士を調和する役割として搭載。空気振動による「気導音」と骨を伝わる振動による「骨導音」の両方を用いることで、これまでにないユニークなリスニング体験を提供するとしている。

サイズや配置など研究を重ね、外形が小さく軽量な多層圧電セラミックス骨伝導ドライバーを採用。MEST専用に設計したというフェイスプレート側に配置することで、ドライバーとの密着を高め、振動を無駄なく届ける構造とした。

フェイスプレート側に骨伝導ドライバーを配置

金属製のエアフローチューブを採用。これにより空気圧を下げてリスニング中の耳への負担を軽減。またチューブ内フィルターにより空気量をコントロールすることで圧力のバランスをとり、心地良い自然なサウンドを再生するとのこと。音質はミックスウェーブと共同開発し、日本向けにチューニングが施されている。

同ブランドのマルチBAカスタムIEM「V3+シリーズ」にも採用するカーボンシェルを採用。強度も高く軽量で、スタッフが手作業で一つ一つ仕上げている。複雑に配置されたカーボンファイバーが光を乱反射し、角度によって見え方が変わる美しいデザインも特徴としている。イヤホン端子はカスタム2Pinで、リケーブルに対応する。

イヤーチップはオリジナルのシリコン製とフォームタイプを用意。またコーポレートカラー「MelodyTeal」でデザインされたDignis製のオリジナルレザーケースも付属。内部は持ち運び中にイヤホンの本体同士が接触し傷が付かないよう工夫されている。

周波数帯域は20Hz - 55kHz、入力感度は116dB SPL/mW、インピーダンスは16Ω。

関連リンク

関連記事