ディーガ4X1000などがアップデート対応

パナソニック、「お部屋ジャンプリンク機能」を新4K衛星放送対応に

編集部:小野佳希
2020年04月20日
パナソニックは、BDレコーダー “DIGA” に録画した番組を他の部屋でも見られる「お部屋ジャンプリンク機能」を、新4K衛星放送にも対応させた。新機能へ対応させるための最新ファームウェアの提供を各製品に向けて開始した。

お部屋ジャンプリンク機能の利用イメージ

「お部屋ジャンプリンク機能」は、BDレコーダー側で録画したテレビ番組のデータを、同一ネットワーク内にある対応機器(同社製テレビ“VIERA”等)にワイヤレスで送信して視聴できるというもの。この機能が今回新たに新4K衛星放送にも対応した。

データの送信側(サーバー)と受信側(クライアント)の両方として対応した製品は、DMR-4X1000/4X600、DMR-4W400/4W200/4S100/4W300/4W100の7モデル。受信側(クライアント)のみとしてDP-UB9000が対応した。

また、4月21日からは受信側として、GZ2000/GZ1800/GZ1000/GX855/GX850/GX755/GX750/GX500シリーズもアップデート対応。そして本日発表された最新機HX850シリーズも対応を予定している。

加えて、HX850シリーズでは、お部屋ジャンプリンク機能のひとつである「過去未来番組表」も新4K衛星放送に対応。これにより、HX850シリーズの過去未来番組表から他の部屋にあるディーガに録画した4K録画番組をお部屋ジャンプリンク機能によって4K画質で再生できるようになる。

関連記事