HOME > ニュース > パナソニック、顧客行動分析などできる高精度CPU搭載Vieurekaカメラ新モデル

Python対応でアプリ開発も容易

パナソニック、顧客行動分析などできる高精度CPU搭載Vieurekaカメラ新モデル

2020/04/02 PHILE WEB ビジネス編集部・竹内純
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
■Vieureka PFを利用した新サービス創出を加速

パナソニックは、映像をAI処理してIoTエッジコンピューティングを実現する「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム」対応カメラの新機種として、高性能CPUを搭載し、ディープラーニングなど高度な画像解析を活用したサービス展開を可能にする「VRK-C301」の提供を開始する。

Vieurekaカメラ「VRK-C301」

Vieurekaプラットフォームは、カメラ内の画像解析機能を遠隔から容易に入れ替えられるのが特長。店舗でのマーケティングや工場での従業員の行動管理など、さまざまなシステム構築に利用されている。しかし近年では、高精度の人物属性推定や動作検出など、複雑な画像解析技術の利用ニーズが高まり、ハードウェアのさらなる高性能化が叫ばれている。

IoT機器を管理し、映像からデータを生成、分析、活用する「Vieurekaプラットフォーム」

新たに提供が開始されたVRK-C301は、高性能CPUなどを搭載することで、例えば、店舗の商品棚前で顧客の行動を分析したり、製造ラインで不良品を検出したり、これまで以上に多様なアプリケーション対応を実現する。

また、汎用プログラミング言語Pythonに対応し、アプリケーション開発をさらに容易にするとともに、Amazon Web Services(AWS)のIoTサービス用デバイスソフトウェア「AWS IoT Greengrass」「Amazon SageMaker Neo」を搭載し、アプリケーション開発環境をより充実。Vieurekaプラットフォームを活用した新サービス創出の取り組みを加速させる。

パナソニックでは「Vieurekaパートナープログラムにご参加いただいているパートナー企業様とともに、さまざまなアプリケーション開発に着手しており、順次展開を進めていきたい」と説明している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE