最新ファームウェア提供開始

東芝、「DBR-T1009」などBDレコーダー4機種をスマホからの音声操作対応に

編集部:小野佳希
2020年03月18日
東芝映像ソリューションは、BDレコーダー“レグザブルーレイ”「DBR-T1009」「DBR-W2009/1009/509」をアップデート。スマホアプリ「スマホdeレグザ」を用いた音声操作に対応する最新ファームウェアの提供を開始した。

DBR-T1009

2月の「DBR-T1009」発表の際に予告していた機能追加アップデートが実装された格好。アップデートによって下記5点の機能追加/改善が行われる。なお、ファームウェアはインターネット経由での提供のみで、放送波アップデートは行われない。

・アプリ「スマホdeレグザ」による音声検索・音声操作に対応
・「時短で見る」に「お好み設定」「おまかせ自動録画設定」機能を追加
・「横断検索」を「急上昇ワードリスト」からの選択でも検索できるように
・アプリ「スマホdeレグザ」を使用して宅内外から本機をリモートアクセスする際の安定性を改善
・動作の安定性を改善

関連記事