2/14日より専門店で発売

NOBUNAGA Labs、金メッキ4N純銀導体リケーブル「SUPREMEシリーズ」のIPXコネクター搭載モデル

編集部:杉山康介
2020年02月10日
ワイズテックは、同社ブランドNOBUNAGA Labs製リケーブル“SUPREMEシリーズ”のIPXコネクター搭載モデルを、2月14日よりe☆イヤホン、フジヤエービック、アルファ☆デシベル(キタガワ)にて発売する。本日2月10日より予約受付が開始しており、価格はオープンだが、税込30,350円前後での実売が予想される。

“SUPREMEシリーズ”のIPX搭載モデル新発売

4N純銀線に金メッキ加工を施した導体を採用する8芯リケーブルシリーズ。これまでにMMCX、2pinコネクターモデルがラインナップされているが、そこにUltimate Ears製IEMなどに搭載されるIPXコネクター対応モデルが追加されるかたち。

IPXコネクターにはEstron社の認可済み製品を使用しており、24K金メッキ処理を施すことで接触抵抗を抑え、高い電気伝導性を実現。シェル部分にはブランドオリジナルのスリットデザインを採用し、L側に黒、R側に赤のラインを印字している。シェル内部にはモールディング加工を施し、着脱時のトラブルを最小限に抑えるという。

Estron社の認可を受けたIPX端子を採用

製品は3.5mm3極プラグ搭載の「GERONIMO(ジェロニモ)」、2.5mm4極プラグ搭載の「COCHIES(コーチス)」、4.4mm5極プラグ(ショートシェル仕様)搭載の「DIABLO(ディアブロ)」をラインナップ。ケーブル長は全モデル120cmとなる。

2.5mmの「COCHIES」

4.4mmの「DIABLO」

関連記事