アイリッジ共同でIoT体験場を2/1から一般公開

LINE、トーク画面から家電操作できる「Clova Bot」提供開始。スマート家電を体験できるモデルルームも

編集部:川田菜月
2020年01月30日
LINEは、同社の展開するAIアシスタント「Clova」の新機能として、LINEのトーク画面上からタッチ操作やテキスト入力による家電操作が可能な「Clova Bot」を、本日1月30日から提供開始した。

LINEのトークでも家電操作が可能な「Clova Bot」機能を提供開始

Clova Botは、コミュニケーションアプリ「LINE」上のClova公式アカウントから利用できる機能。これにより、家電ごとに専用アプリを使い分ける必要もなく、スマートスピーカーに話しかけることに慣れないユーザーでも、屋内外問わず手軽に家電操作ができるとしている。

Clova公式アカウントから、連携する家電の設定などが行える

トークによる操作、タッチ操作など音声以外でのスマート家電操作が可能に

アカウントのトーク画面からClovaと連携すると、対応製品やClova Friendsシリーズで家電操作が可能となる赤外線リモコン「Clova Friends Dock」経由で操作する家電に対し、タッチ操作やトークにテキスト入力によって、鍵の施錠やエアコン、テレビのオンオフといった操作が行える。対応家電は80,000点以上。

対応家電は80,000点以上にのぼる

AIアシスタント「Clova」は、2017年にスマートスピーカー「WAVE」の発売を皮切りに、現在では車の走行中に声で操作できるサービス「LINEカーナビ」を展開するなど、普及を目指して利用範囲を拡大。また他社の製品サービスにも展開できるよう、Clovaをプラットフォーム化することで対応製品も増加している。

音声で音楽の再生やLINEのメッセージ送信/読み上げができるほか、ユーザーから好評な機能が家電操作だとのこと。「外出先からでも家電を操作したい」というフィードバックを受け、この度「Clova Bot」の開発に至ったという。本機能の利用により、たとえば帰宅する少し前に家の電気をつけることなどが容易となり、「女性の一人暮らしなど、防犯上にも役立てる」としている。

なお、Clova Friends Dockは通常「Clova Friendsシリーズ」の充電ドック&赤外線リモコンとして利用するが、1月20日よりClova Friendsシリーズがなくても、スマートフォンからの音声操作などにも対応可能となっている。

1/20からアップデートにより、Clova Friends Dock単体でも利用できるように

本機能の提供開始とあわせて、株式会社アイリッジと共同で、LINEならではのIoT住宅体験ができるというモデルルーム「LINE Clova IoT体験モデルルーム」を発表。2月1日から2月9日まで一般公開する。両社は本日Clova Botの発表会とモデルルーム体験会をメディア向けに開催した。

LINE Clova IoT体験モデルルームが2/1から一般公開

空気清浄機や給湯器の湯沸かしなど、様々な家電に対応

モデルルームでは、Clovaと連携した対応家電を各種用意。室内の電気、空気清浄機や扇風機、テレビのオンオフを試したり、スマートキーシステム「Qrio Lock」や、IoTスマートスイッチ「Link-S2」なども紹介。スマート家電による便利な生活体験を提案するとのこと。事前予約などは不要で、誰でも体験することができる。場所はスマートハウジング豊洲まちなみ公園。

スマートキーシステム「Qrio Lock」や、IoTスマートスイッチ「Link-S2」なども展示。Clovaと連携して実際に音声操作などが体験できる

共同運営するアイリッジは、最短3日でAlexaのスキル開発ができるというクラウドサービス「NOID」を展開する企業。同社はこのたび、Clovaに対応したIoT家電を開発できるアーキテクチャ「NOID IoT クラウド」の設計・検証を実施し、本日1月30日より商用化に向けてローンチ。パートナーとなる家電メーカーおよび住宅設備メーカーの募集を開始した。

簡単にAlexaスキルが開発できるクラウドサービス「NOID」

Clova対応のIoT家電開発をサポートする「NOID IoT クラウド」および住宅への導入支援サービスの展開を発表した

NOID IoT クラウドは、IoT家電の提供に必要なIoTやVUI(音声ユーザーインターフェース)に関する、API、UI/UX、対話フローなどを標準パッケージしたプラットフォーム。AIアシスタントはClovaに対応し、開発においてはClovaおよびClova Botの両方に対応するサービス開発も提供可能とのこと。なおその他の音声アシスタント機能については順次検討していくとした。

パートナー企業はNOID IoT クラウドを利用することで、システム開発や改修にかかるコストと納期を大幅削減でき、家電のVUI・IoT対応を行うことができる。さらに消費者向けに、住宅にIoTを導入したい方々のサポート支援をする代行サービスも展開予定。いずれも2020年春のスタートを目指している。

NOID IoT クラウドを利用することで、メーカーは開発にかかるコストを大幅削減できるとアピールする

アイリッジのNOID事業責任者・岩屋雄介氏は、「今後の社会では、利便性と快適性を兼ね備えた分野が伸びると見込まれている。日本においても大手家電メーカーのほとんどが製品のIoT化を進めている」と説明。

NOID事業責任者・岩屋雄介氏

そういった背景のもと、スマート家電やサービスを住宅展示場に導入して展開したところ、新築購入時に合わせてIoT導入を決断するといったことが多くあったという。「対応製品や設置、導入でおよそ20万前後かかるのが相場。住宅購入の際に合わせた方が導入しやすい」とし、今後も積極的に住宅展示場や住宅メーカーとの連携を強化していきたいとした。

消費者向けには住宅にIoT導入する際の設計〜設置などサポートするサービスも開始予定

「音声操作の便利さを体験するとなかなか戻れないという方も多い。一方で、使い始めるきっかけがないという声もまだ多くある」とし、両社共同でのモデルルーム展開についても、実際に体験することで、音声操作やスマート家電の利点を理解してもらい、より身近なものとして普及拡大に努めていきたいと語った。

LINE(株)中村浩樹氏がClova新機能とモデルルーム展開について発表した

LINE Clova IoT 体験モデルルーム
期間:2月1日(土) - 2月9日(日)
場所:スマートハウジング豊洲まちなみ公園
住所:東京都江東区豊洲6丁目1−9
(事前予約などは不要。期間中、平日も開催)

関連記事