毎月1回まで

LINE MUSIC、非課金ユーザーでも広告なし/フル再生可能に。5,900万曲/10万本以上のMVが対象

編集部:川田菜月
2020年01月20日
LINEの独自音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」は、非課金ユーザーでも全楽曲のフル再生が可能となる独自フリーミアムモデルを本日1月20日から提供開始した。

これまで非課金ユーザーは最大30秒尺までの再生しかできなかったが、本日より広告なしでのフル再生が可能となる。同社は「 “広告なし・登録なし・無料・全楽曲/MV” のフル再生がオンデマンドで毎月できる音楽ストリーグサービスは、「LINE MUSIC」が日本初・業界初」としている。

利用回数は毎月1回まで。一度フル再生を行うと同月はそれ以降通常通り30秒試聴となる。毎月1日0時に履歴がリフレッシュされ、再びフル再生の利用が可能となる仕組み。対象楽曲はLINE MUSICで配信される全5,900万曲(ダウンロード購入限定曲は対象外)のほか、公式ミュージックビデオなど10万本以上の映像コンテンツも利用できる。

なお、楽曲のオフライン保存やmyBGM設定は不可。月額960円のPREMIUMプランであれば、制限なしにフル再生が可能となる。有料プランは他にも、学生向けの学割480円/月、家族6名まで使える家族割1,400円/月なども用意されている。

LINE MUSICでは2019年6月に、独自音楽フリーミアムモデル「ONE PLAY(仮)」として大型アップデートの予定を発表しており、今回実現されたかたち。2020年夏にはLINEのAI技術を活用した楽曲レコメンド機能の追加なども予定しており、より使いやすくスタイリッシュなアプリを提供するとしている。

関連記事