数量限定で販売

光城精工、“オーディオみじんこ”コラボの真鍮製リケーブル。イヤホン「Keyagu」とのセットも

編集部:平山洸太
2019年11月29日
光城精工は、オーディオ工房&ショップの“オーディオみじんこ”とコラボした真鍮製リケーブルを12月20日から限定発売する。また、同社イヤホン「Keyagu」とのセットモデルも用意する。

Keyaguとケーブルを組み合わせた様子

【リケーブル単品(各12本限定)】
・mmcx - 2.5mmバランス「KM-R2.5(KMR2)」¥38,000(税抜)
・mmcx - 3.5mmアンバランス「KM-R3.5(KMR3)」¥36,000(税抜)
・mmcx - 4.4mmバランス「KM-R4.4(KMR4)」¥38,000(税抜)

【Keyagu+リケーブルセット(各4セット限定)】
・「Keyagu+KM-R2.5(KJB-01MR2)」¥79,000(税抜)
・「Keyagu+KM-R3.5(KJB-01MR3)」¥77,000(税抜)
・「Keyagu+KM-R4.4(KJB-01MR4)」¥79,000(税抜)

ケーブルの素材には、錫メッキ線とOFC線を用いたハイブリッド構造を採用。1芯あたり錫メッキ線を12本、OFC線を用いた8芯構造となっている。また特殊編みと線材のシース選定(FEPを使用)により、取り回しの良さにも配慮している。

錫メッキ線とOFC線を用いたハイブリッド構造を採用

構造イメージ

コネクターはmmcxを採用し、プラグには2.5mmバランス/3.5mmアンバランス/4.4mmバランスの3種類を用意する。コネクターとプラグのハウジングには真鍮を用いており、デザインにはひょうたん型を採用する。ケーブルの長さは1.2mで、分岐長は0.4m。

2.5/3.5/4.4の3種類を用意する

またKeyaguは、ハウジングに真鍮を採用したイヤホン。真鍮削り出しのハウジングは、肉厚で重量感がありつつも、重さを感じさせることなくフィットするという。表面仕上げは「真鍮の煌びやかさを損なわない」具合のクリアコートが施されているとのこと。ドライバーサイズは9.65mmで、振動板には高い剛性と高い内部損失を両立したという「スーパーエンジニアプラスチック」を採用する。

関連リンク

関連記事