音声回路や部品は最新の技術に

ポータブルレコードプレーヤー「GP-3-R」復刻。昭和の銘機が令和に登場

編集部:押野 由宇
2019年11月05日
太知ホールディングスは、小型レコードプレーヤー「フリースタイル ポータブル・プレーヤー GP-N3R」 を、12月上旬より発売する。価格はオープンだが、20,000円前後での実売が予想される。

「GP-N3R」

昭和55年にコロムビアより発売されたポータブルできるアナログプレーヤー「GP-3-R」が復刻。テーブルなどに置いた状態だけでなく、当時と同様に、本体を柱や壁に掛けた状態でレコードを再生することができる。

使用イメージ

一方、音声回路や部品は最新の技術に置き換え、レコード再生カートリッジにはオーディオテクニカ製「AT-3600LA」を採用。10cm(8Ω)、定格出力約2Wのスピーカー、およびイヤホン端子を備えており、本機だけでレコード再生が楽しめる。

外形寸法は約220W×80H×385Dmm、質量は約1.3kg。ドーナツ盤用アダプター1個、レコードホルダー1個を付属する。なお、本製品はGP-3-Rの製造販売会社の承諾のもと企画生産をしているとのこと。

関連記事