課題は“磨きグセ”

AIで“的確なブラッシング”をガイドする電動歯ブラシ、ブラウン オーラルB「ジーニアスX」

PHILE WEB ビジネス編集部・竹内純
2019年10月10日
■「人工知能ブラッシング認知機能」搭載

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)は、小型家電ブランド「ブラウン」より、同ブランド初のAIテクノロジーを搭載した電動歯ブラシ、ブラウン オーラルB「ジーニアスX」(オープン価格)を10月下旬より発売する。実勢価格は35,000円前後(税別)。

ブラウン オーラルB「ジーニアスX」。チタニウムグレーの上質感あるデザイン、ブラシヘッドにもブラックカラーを採用する。特製デザインのスマートトラベルケースや出張などに便利なビューティーバッグを付属する

ブラウン オーラルB「ジーニアスX」は、ブラウン初となるAIテクノロジーにより実現した「人工知能ブラッシング認知機能」を搭載。ハンドル内にあるモーションセンサーがブラシの持ち方・動かし方やスピードを検知。検知した情報は、AIがあらかじめ学習させた数千人分のブラッシングデータとパターンを照合。さらに、口の中のどこを磨いているのかを瞬時に判断し、スマートフォンアプリがリアルタイムに磨き方をガイドする。歯磨き終了後には、ブラッシングの達成度や磨いた時間が表示され、力の入れ過ぎも警告してくれる。個人個人のブラッシング傾向を分析し、的確な磨き方をアドバイスすることで、より良いオーラルケアを実現していく。

スマートフォンアプリで磨けたところが白色に変化していくのを確認できる

「人工知能ブラッシング認知機能」の仕組み

人生100年時代を迎えたと言われるが、厚生労働省の調査によると、2016年/2005年対比で、歯周病有病率は各年代で例外なくほぼ10ポイント以上アップし、400万人へと増加。プロクター・アンド・ギャンブル インターナショナルオペレーションズ・大川正樹氏は「原因は磨き残しによる歯垢。予防に求められる日々のブラッシングの質を向上する改革が必要」と訴える。

プロクター・アンド・ギャンブル インターナショナルオペレーションズ SA シンガポールブランチ オーラルケア アジア部長 アソシエートディレクター・大川正樹氏

唾液量の減少や歯の黄ばみ、歯肉の衰えなど加齢に伴う口腔環境の変化に加え、「磨きグセによるブラッシングの偏り」を課題として指摘。同社調査では、約8割の人が少なくとも1カ所以上磨き残しがあり、約6割の人が奥歯の裏をほとんど磨けていないという。「歯磨きの状況をきちんと把握することがブラッシングを向上させる鍵」と力を込める。

歯周病予防への大きな課題は、磨きグセによるブラッシングの偏り

この課題を解消するのが、AIテクノロジーにより実現したブラウン オーラルB「ジーニアスX」に搭載する「人工知能ブラッシング認知機能」というわけだ。同社調査では、「人工知能ブラッシング認知機能」による磨き方を確認しない場合、ブラッシング達成度の平均スコアは74.3点。しかし、ガイドをきちんと確認して磨くと、磨きグセによる偏りが無くなり、平均スコアが100点へ改善。「オーラルケアのリーディングブランドとして、新しいビジョンを創造していきたい。最新のテクノロジーにより市場を牽引していく」と新製品「ジーニアスX」の市場導入へ意気込みを示した。

■歯と歯ぐきが健康で長生きする秘訣

日本歯周病学会 理事をつとめる若林歯科医院 院長・若林健史氏が「メタボリックドミノ」について触れ、「歯周病や虫歯はその上流に位置する病気。全身の健康に影響を及ぼしている」とその怖さを強調。平均寿命と健康寿命との差は男性で8.84歳、女性で12.35歳ある。「この差をできるだけ詰めていかなければならない。健康で長生きするポイントは、必要な栄養をとること。そのためには歯と歯ぐきが大切」と説明した。

歯周病はさまざまな病気の原因となる可能性がある生活習慣病だ

「歯磨きで特に問題となるのが、歯グキの“キワ”の磨き残し。回転して歯を包み込み、こすり取るオーラルBはしっかりと磨ける。手磨きには限界がある」とブラウン オーラルBの丸型回転ブラシの歯垢除去力を評価。さらに、「人工知能ブラッシング認知機能は、どこが磨けていないのかを確認でき、磨きグセ、磨き残しを気付かせてくれる。患者さんに実際に使ってもらうと効果はてきめん。きれいに磨けているし、何より、健康に対する意識が大きく変わったことに注目したい」とオーラルケアに大きな波を起こす「ジーニアスX」の高価に注目した。

若林歯科医院 院長/日本大学 客員教授/日本歯周病学会 理事・専門医 若林健史氏

電動歯ブラシ市場そのものが日本は未成熟。同社執行役員・添田成久氏は「オーラルケアを通してお客様を健康へ導き、未来を切り開く一助になればとの哲学の下、日々取り組んでいる。今後も、革新的なイノベーションによる製品を世に送り出していきたい」と「ブラウン オーラルB」による電動歯ブラシの啓発にさらに力を入れていく。

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(株)執行役員 グルーミング&オーラルケア ブラウン事業代表・添田成久氏

関連リンク

関連記事