「デュアルコントラストコントロール」も

ソニー、4Kプロジェクター「VPL-VW745」に「デジタルフォーカスオプティマイザー」など機能追加アップデート

編集部:平山洸太
2019年09月30日
ソニーは、4Kプロジェクター「VPL-VW745」のアップデートを提供開始した。

「VPL-VW745」

アップデートでは、VPL-VW855で初搭載した「デジタルフォーカスオプティマイザー」機能を追加する。レンズ周辺部など、収差による解像感の座標と画質のパターンから最適化。これにより「4K映像本来の美しさを忠実に再現」するとアピールされている。

加えて「デュアルコントラストコントロール」も追加。ダイナミックレーザーライトコントロールだけでなく、アイリスコントロールを行うことで、さらなるダイナミックレンジの拡大を実現する。

なおアップデート後のバージョンはVer.8.101で、アップデートはPCを利用したインターネット接続により行える。

VPL-VW745は、ネイティブ4KとHDR対応でレーザー光源を採用するプロジェクター。4K HDR 60p(HDR10/HLG)に対応し、自動切り替えにも対応している。加えて4K用モーションフローも搭載している。

関連記事