4K放送を視聴しながらの4K裏番組録画が可能に

パナソニック、新4Kテレビ「ビエラ GX755」。4K Wチューナー搭載で55型も追加

編集部:小野佳希
2019年09月20日
パナソニックは、新4K衛星放送チューナーを2基に増やした4K対応液晶テレビ “4K VIERA” 「GX755シリーズ」を10月18日より発売する。55/49/43型の3サイズ展開で、それぞれの型番と予想実売価格は下記の通り。

“4K VIERA”「GX755シリーズ」

TH-55GX755(55型)17万円前後
TH-49GX755(49型)13万円前後
TH-43GX755(43型)12万円前後

2019年春モデル「GX750シリーズ」の後継機。GX750シリーズは4Kチューナーを1基のみの搭載だったのに対し、今回はWチューナー搭載となった。また、サイズ展開でもGX750シリーズは49型/43型の2サイズだったところから、今回新たに55型がラインナップに加わった。なお地デジ/BS/110度CSチューナーは2基搭載している。※初出時、地デジ/BS/110度CSチューナーが3基と記載しましたが、これは2基の誤りでした。お詫びして訂正します

USB-HDDへの録画機能も引き続き搭載。4K Wチューナーとなったことで、4K放送を視聴しながら別の4K番組を裏録できるようになった。

GX855シリーズとの違いという点では、本機は音声操作に非対応。また、転倒防止スタンドの採用も省いた。これらを省略することで、より手頃な価格を実現させている。

4Kチューナー数とサイズ展開以外のスペック等はGX750シリーズと同等で、HDRはHDR10+/HDR10/HLGの3方式に対応。液晶パネルには高輝度IPSパネルを採用している。

細分化されたエリアの信号処理によって明暗の表現力を高めるという「エリアコントラスト制御」や、多数の補正ポイントによって色彩を忠実に再現するというカラーマネージメント回路「色忠実補正回路」なども搭載。「4Kファインリマスターエンジン」による4Kアップコンバート機能も備えている。

スピーカーの総合出力は30Wで、「ダイナミックサウンドシステム」を引き続き搭載。バイアンプ駆動と独立オーディオ専用回路によって高音質化を図っている。

HDMI入力は3端子で、すべて4K/HDR入力やHDCP 2.2に対応している。HDMI1はARCにも対応している。

関連記事