「最先端であり、最高画質の製品」

LGの世界初8K有機ELテレビ「Z9」、約330万円で本日受注販売を開始

編集部:押野 由宇
2019年09月13日
LGエレクトロニクス・ジャパンは、世界初の8K対応有機ELテレビとして、88インチ型「OLED 88Z9PJA」を、本日9月13日より全国での受注販売を開始する。価格はオープンだが、3,300,000円前後での実売が予想される。納期は受注から3か月前後を予定(受注生産状況により変動)。

「OLED 88Z9PJA」

今秋の日本発売が予告されていた製品が、その正式な発売が決定した格好だ。技術的に難しいとされてきた8K対応の有機ELテレビを、大型有機ELパネルを量産できる同社グループの強みを活かして実現。「最先端であり、最高画質の製品」を謳う。

8Kの有機ELパネルは、従来の2Kに比べて16倍、4Kと比べても4倍の画素数(7,680×4,320、3,300万個)を持つ。また、そのひとつひとつが自発光することで、液晶では表現できない “漆黒” を再現し、生命感あふれる色彩表現が可能としている。本モデルにおいては、8K対応有機ELテレビ専用のエンジン「α9 Gen2 Intelligent Processor 8K」を搭載しており、2Kおよび4K解像度の映像を8K水準の鮮明な画質にアップスケーリングすることもできるという。

デザイン面では、パネル部に極細ブラックベゼルを採用することで、映像だけが浮いているような没入感を演出。キャビネットスタンドはシルバーで仕上げており、有機ELテレビとして世界最大サイズながら、ミニマルデザインを追求している。

なお、本モデルはLGのプレミアムブランド「LG SIGNATURE」モデルとして展開。これにより、同社が展開する有機ELテレビの2019年ラインナップは、全5シリーズ10モデルとなる。

関連リンク

関連記事