Zound Industriesとタッグ

<IFA>アディダスのヘッドホン・イヤホン登場。音質とスポーツ性能両立

編集部:風間雄介
2019年09月04日
独adidas(アディダス)とZound Industriesは、adidasブランドのスポーツ向けヘッドホンとイヤホンを開発したと発表。9月25日から日本を含むグローバルで販売開始する。

Zound Industries の最新のオーディオ技術と、アディダスの世界をリードするスポーツ性能を持ち寄り、商品としてまとめ上げた。ふだんの生活はもちろん、ジムでのトレーニングやランニングなど。様々な運動環境下でも快適に使用できるよう工夫を重ねたほか、音質も妥協せずに作り込んだという。

イヤホン「FWD-01」はワイヤレスイヤホンで、価格は129.99ユーロ。日本の公式サイトでは18,250円と表示されている。ジムでのトレーニングのほか、街中でも使用できるスタイルと仕様を盛り込んだ。16時間以上の使用が行え、自動停止機能も装備。外音取り込み機能にも対応するほか、USB-Cによる超ハイスピード充電も行えるという。

イヤホン「FWD-01」

イヤホン「FWD-01」の装着例

イヤーチップとイヤーウイングにより、装着時の快適性を高めたことも特徴。またIPX4の防汗性能を備えているほか、ケーブルはニット素材が使われ、絡みにくいよう工夫している。

ヘッドホン「RPT-01」は139.99ユーロ。日本の公式サイトでは20,700円と表示されている。ワイヤレスタイプのオーバーイヤー型ヘッドホンで、こちらは40時間以上の再生が可能。USB-Cの急速充電機能も備えている。イヤークッションやヘッドバンド部は取り外し可能で、洗濯することが可能。汗で汚れてしまっても安心だ。

ヘッドホン「RPT-01」

ヘッドホン「RPT-01」の装着例

360度曲げられ、フィット感を高めたエルゴノミックデザインを採用していることも特筆したい。なお、本機もIPX4等級の防汗性能を備えている。

関連記事