例年多数の新製品が発表される世界最大級の家電見本市

<IFA>いよいよ開幕! 「IFA2019」の見どころを事前チェック

編集部:風間雄介
2019年09月02日
毎年恒例となっている世界最大級の家電見本市、IFA。今年は9月6日から11日まで、ドイツ・ベルリンで「IFA 2019」が開催される。日本語公式サイトを運営しているPHILE WEBでは、今年も現地から多数のレポートをお届けする予定だ。開催直前に、今年の見どころをご紹介しよう。


一般開場に先立って、各社のプレスカンファレンスが行われる。ここでメーカー各社が様々な発表を行う。

また現地時間4日には、IFA オープニングプレスカンファレンスが開催され、ヨーロッパだけでなく世界の家電トレンドが分析され、発表される。またACERやSkullcandyのプレスカンファレンスも行われる。

前半の山場といえるのが、現地時間5日に行われる多くのプレスカンファレンスだ。中でも大きな注目が集まるのはソニーだ。プレスカンファレンスは、現地時間13時(日本時間同日20時)から行われる。

毎年、その年末の目玉商品を、IFAで披露しているソニー。例年、ウォークマンやヘッドホン/イヤホンの新製品が大量に発表されるほか、映像機器、カメラなども新商品が発表されることがある。また、Xperiaの新モデルも、ここ最近はIFAで初披露されるモデルが多く、今年の発表内容も大いに期待したいところだ。

そのほかシャープやサムスン、フィリップスなど、各社が多彩な製品群を展示する。さらに同日夜には、様々なメーカーやブランドが小型ブースを並べるショー開幕直前イベント「ShowStoppers」も開催される。

なおパナソニックは、今年はプレスカンファレンスを行わないが、ブースは例年通り構えている。特にテクニクスは新商品は毎年発表されており、今年の動向も気になるところだ。

そのほか、この記事ではまだ明かせないが、招待制やクローズド、プライベートなイベントもいくつか予定されている。当サイトでは、順次これらの情報も速報していく。

本会期では多彩な出展内容に期待。新製品の多数出展に期待

現地時間の9月6日から、いよいよIFA2019の会期がはじまり、ブースがオープンされる。

ヘッドホン・イヤホン関連では、日本を含む全世界中のブランドが集結しているので、毎年賑やかな展示になる。完全ワイヤレスイヤホンは各社の発表が一巡したタイミングなので、今年は完全ワイヤレス+αの提案、さらには全く新しい提案があるか、気になるところだ。そのほかハイファイオーディオ関連でもいくつか注目すべき発表がありそうだ。

映像関連では、「8Kテレビの実用化」がテーマの一つとなるだろう。8Kアソシエーションが新たな基準を策定したこともあり、これらの基準を満たしたモデルが発表されるのか、興味は尽きない。

そのほかにも、各国のスタートアップが集まる「IFA NEXT」は、毎年その存在感を高めているが、今年も注目だ。ますます拡大するIFAにぜひ注目して欲しい。

関連リンク

関連記事