3.5mmステレオ出力「DC02」も

iBasso Audio、384kHz/32bit・バランス出力対応のUSB-C接続オーディオアダプター「DC01」

編集部:平山洸太
2019年08月23日
MUSINは、同社が取り扱うiBasso Audioの小型USB-DACアダプター「DC01」「DC02」を8月30日に発売する。価格はいずれもオープンだが、DC01は6,800円前後、DC02は6,100円前後での実売が予想される。

「DC01」

「DC02」

ハイレゾに対応したDACケーブルアダプター。USB Type-C端子からスマートフォンやタブレットなどに接続することで音声を再生することができる。付属の変換アダプターを使用することで、USB Type-A搭載のPCにおいて使用することも可能。

2モデルともにUSB-Aへの変換アダプターが付属(画像はDC02)

DC01は2.5mmのバランス出力、DC02は3.5mmのステレオ出力を搭載する。DACには据え置き機に採用されると説明する「AK4493EQ」をDC01に、「AK4490」をDC02に搭載。それぞれ384kHz/32bit、DSD256の再生に対応する。

専用アプリによって64段階のハードウェアボリュームを制御することも行える。またDC01のアンプ回路では、超低歪LDOレギューレーターをデュアル搭載し、高出力・優れたダイナミクス・分解能を発揮するとアピールされている。

ボリュームコントロール用のAndroidアプリが用意

DC01のアンプ回路には超低歪LDOレギューレーターをデュアル搭載

そのほかケーブルにもこだわったとしており、DC01にはオーディオグレードの8芯のもの、DC02にはオーディオグレードで4編のものが使用される。外形寸法はともに長さ120mmで、質量はDC01が11g、DC02が8g。

関連リンク

関連記事