OFC(5N)8芯の銀メッキケーブルとイヤーピース8組が付属

上海問屋、7,580円のハイブリッド型イヤホン「Tin HiFi T3」。ドスパラ店舗と通販にて販売

編集部:杉山康介
2019年06月25日
ドスパラは、同社が運営する上海問屋にて、1BA+1ダイナミックドライバー構成のハイブリッド型イヤホン「Tin HiFi T3 (DN-915827)」を本日25日より発売する。価格は7,580円(税抜)。

「Tin HiFi T3」

中高域用にBAドライバーを1基、低域用に10mmダイナミックドライバーを1基搭載するハイブリッドタイプのイヤホン。音の特徴について同社では、分離感のある引き締まった音色、余計な味付けのない品の良いサウンドを鳴らし、「特に透明感のある中高域が特徴的で、女性ボーカル曲が映える」と紹介している。

ハウジングはアルミ合金で作られており、MMCX端子を採用するためリケーブルも可能。OFC(5N)8芯の銀メッキケーブルと、S/M/Lサイズのシリコンイヤーピース2種類、S/Mサイズのフォームイヤーピースが付属する。

OFC(5N)8芯の銀メッキケーブルが付属する

再生周波数帯域は10Hz - 40kHzで、感度は95dB±3dB、インピーダンスは16Ω。ケーブル長は1.2mで、質量は約34g(ケーブル込み)。

関連記事