フラットケーブル仕様

マクセル、約2,980円のチタンコート振動板採用Bluetoothイヤホン「MXH-BTCF150」

編集部:杉山康介
2019年06月18日
マクセルは、ドライバーにチタンコート振動板を採用したBluetoothイヤホン「MXH-BTCF150」を6月25日より発売する。価格はオープンだが、税抜2,980円前後での実売を想定する。

MXH-BTCF150

9mm径のドライバーにチタンコートの振動板を搭載。中高音域はクリアで空間再現を保ちつつ、キレのある低域を実現したバランスのいい音になっているとする。再生周波数帯域は20Hz - 20kHz。

ケーブルには絡まりにくいフラットケーブルを採用するほか、スリムリモコンケースを採用。装着時のストレスや耳への負担が軽減されているという。

連続再生時間は約7時間で、連続待機時間は約170時間、充電時間は約3時間。BluetoothはVer.4.1に、コーデックはSBCに対応する。質量は約14g(コード含む)。カラーはライトブラック 、ホワイト × カッパー、ライトグレー、ライトピンク、オリーブグリーンの5色をラインナップする。

計5色をラインナップする

関連リンク

関連記事