シンプルなミニマルデザインを採用

JVC、ストーン仕上げを採用した完全ワイヤレスイヤホン「HA-LC50BT」。3種類のサウンドモード搭載

編集部:平山洸太
2019年05月30日
JVCケンウッドは、JVCブランドの “N_W(エヌダブ)” レーベルの新製品として、完全ワイヤレスイヤホン「HA-LC50BT」を6月中旬に発売する。価格はオープンだが、13,000円前後での実売が予想される。

「HA-LC50BT」(チャコールブラック)

さまざまなファッションに合わせやすい、シンプルで無駄のないというミニマルデザインを採用したモデル。イヤホン表面には微細な凹凸のストーン仕上げを施すことで、「柔らかい光の反射による高い質感と、さらりとした肌触りを両立した」という。チャコールブラック、ストーンホワイト、サックスブルー、テラコッタの4色がラインナップされる。

4色がラインナップ

ドライバーはダイナミック型で、20Hz - 20kHzの再生に対応する。BluetoothはVer.5.0で、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPに対応する。また対応コーデックはSBCとAAC。Power Class1に対応し、10mの通信が可能。アンテナ位置を最適化することで、安定したワイヤレス接続を目指したという。

3種類のサウンドモードを搭載。通常のFLATの加え、低音を増強するBASSモード、ボーカルを際立たせるCLEARモードから選ぶことができる。本体には操作ボタンがついており、イヤホン本体からスマートフォンの音声アシスタントの起動も可能。電源のON/OFF、ボリューム調整、再生/一時停止などの操作が行える。マイクも搭載しており、ハンズフリー通話を行うことも可能だ。

スマートフォン向けアプリ「JVC Headphones Manager」に対応しており、ビープ音とLEDの光でイヤホン本体を探せる「FIND」機能を使うことが可能。10段階のバッテリー確認や、先述した3種類のサウンドモードの切り替えを行うことができる。

バッテリーの持続時間はイヤホンが約5.5時間で、充電ケースが約11時間。また充電時間はイヤホンが約2.5時間で、充電ケースは約2.5時間。15分の充電で約1時間も可能だ。質量はイヤホンが約5.8g(片側)で、充電ケースは約43gとなっている。付属品として、XS/S/Mサイズのイヤーピース、充電用USBケーブルが付属する。

関連記事