「HT2550」の後継機種

BenQ、約17万円の4K/HDRプロジェクター「HT2550M」。HLG対応、自動縦台形補正

編集部:押野 由宇
2019年05月16日
ベンキュージャパンは、4K/HDRプロジェクター「HT2550M」を、5月30日より発売する。価格はオープンだが、170,000円前後での実売が予想される。

「HT2550M」

同社がラインナップする “CineHome” シリーズのDLPプロジェクター「HT2550」の後継機種に位置づけられるモデル。0.47インチシングルDMD DLP技術を採用し、1フレームあたり 830万画素の4K UHD(3,840×2,160)解像度を実現。同社HDR-PROテクノロジーにより、HDR10およびHLGをサポートする。

また、ブランドが推進する色再現性の高さを踏襲。独自のCinematicColorテクノロジーとRGBRGBカラーホイールの採用により、映画業界最高の色精度標準を達成。映画そのままの色を再現することで本物の臨場感を実現するとアピールする。また色域Rec. 709を100パーセント以上をカバーし、色差デルタEを3未満に抑えたとしている。

さらに、映像面では「CinemaMaster Video+」エンジン、サウンド面では「CinemaMaster Audio+ 2」という独自テクノロジーを搭載。そのほか、±40度の縦自動台形補正、1.1倍光学ズーム機能を備える。

背面に端子部を備える

100インチの投写に必要な距離は約3.32〜3.65m。5Wのスピーカーを1基内蔵する。コントラスト比は10,000:1、輝度は2,000ルーメン。入力端子はHDMI端子×2 (うち1つはHDMI2.0/HDCP2.2対応、1つはHDMI1.4a/HDCP1.4対応)、ミニD-sub15ピン×1。音声入出力端子にオーディオミニジャックを各1系統装備。外形寸法は353W×135H×272Dmm、質量は約4.2kg。

関連リンク

関連記事