2TB/1TB/500GBの3モデル

東芝、「スマホで時短」視聴できる“レグザ”BDレコーダー「DBR-W2009」など3機種

編集部:押野 由宇
2019年04月15日
東芝映像ソリューションは、「時短」機能を搭載したBDレコーダー “レグザブルーレイ” 「DBR-W2009」「DBR-W1009」「DBR-W509」を、6月上旬より発売する。価格はオープンだが、W2009が62,000円前後、W1009が58,000円前後、W509が50,000円前後での実売が予想される。

「DBR-W2009」

「見る」「残す」「録る」「探す」が “時短” できることを特徴とするBDレコーダー。内蔵ハードディスク容量はW2009が2TB、W1009が1TB、W509が500GBとなる。チューナーは地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタルを各2基搭載し、2番組同時録画が可能。地上デジタルアンテナ、BSデジタル/110度CSデジタルの入出力端子をそれぞれ1系統装備する。映像出力はHDMIを1系統備える。

再生機能では通常再生のほか、「らく見」「らく早見」「飛ばし見」3タイプの長さに短縮した再生時間を一覧で表示。見終わる時間が分かるようになっており、休憩時間や出かける前などの空いた時間に合わせて効率よく見られるとしている。

「DBR-W1009」

録画機能においては、好みのカテゴリーや人物名、キーワードなどを設定しておくことでそれに合った番組を録画する「おまかせ自動録画」を搭載。また番組の「らく見」で視聴した部分だけを光ディスクにダビングする、スマートフォンなどでの持出用に変換するといった「おまかせダビング」機能も備える。

ほか、インターネットへ接続することなく、毎日更新される豊富な人物リストから好きな人物を選んで番組表検索ができるとともに、時短リストに登録しておくことで予約録画番組、おまかせ自動録画番組の中から、登録した人物が出演している番組だけをすばやく探すことが可能だ。

大きな特徴として、「スマホでも時短」を強調。これまでは「スマホdeレグザ」機能を使用するには、有料の「DiXiM Play」を利用する必要があったが、今回から「スマホdeレグザ」を無償提供する。なお同アプリ「スマホdeレグザ」は、レグザブルーレイのほかの機種でも使える。

スマホの録画リストや時短リストで番組を選択し、テレビやスマホで時短再生できるほか、テレビで視聴時にはスマートフォンを再生専用リモコンやテレビのサブディスプレイとして使うことも可能だ。

また、Blu-ray映像の4K(3,840×2,160)アップコンバート出力に対応。さらに、BDやDVDに収録する時に圧縮処理などで失われた情報を精密に補正するXDE(eXtended Detail Enhancement)機能により、DVDを1080pに、Blu-rayを4K2Kにアップスケーリングする時に、鮮鋭感、精細感を忠実に再現するとしている。

「DBR-W2009」背面部

MPEG4 MVCにより制作されたBlu-ray 3Dディスクの再生や、HDMI 1080/24p出力にも対応。ほか、SeeQVaultハードディスクへのバックアップ機能、ダビング機能を備える。

外形寸法は430W×46H×210Dmm(突起部含む)、質量はW2009が約2.6kg、W1009が約2.4kg、W509が約2.1kg。

関連リンク

関連記事