HOME > ニュース > REGZA、「クラウドAI高画質連携」対応のトリプルチューナー搭載BDレコーダー

ダブルチューナー搭載モデルも

REGZA、「クラウドAI高画質連携」対応のトリプルチューナー搭載BDレコーダー

2021/07/13 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
TVS REGZAは、トリプルチューナー搭載のBlu-rayレコーダー “レグザブルーレイ”「DBR-T2010/T1010」、およびダブルチューナー搭載の「DBR-W2010/W1010」を、7月23日に発売する。以下、価格はすべて予想実売税込価格。

“レグザブルーレイ”「Tシリーズ」「Wシリーズ」

<Tシリーズ>
「DBR-T2010」(2TB)71,500円前後
「DBR-T1010」(1TB)62,700円前後

<Wシリーズ>
「DBR-W2010」(2TB)62,700円前後
「DBR-W1010」(1TB)57,200円前後

2シリーズとも筐体は共通。ファミリー層に人気のラウンドデザインを踏襲しながら筐体デザインを一新し、電源ボタンを正面に配置するなど表示を見やすく改善。スリム化を実現した。WシリーズではリモコンのデザインをTシリーズと同じものに変更することで、主要10社のテレビをレグザブルーレイのリモコンから操作できるようになった。

付属リモコンのデザインも統一

レグザブルーレイの特徴である、キーワードの登録による「おまかせ録画」や、空き時間にあわせて視聴時間から再生モードを選べる時短視聴の機能、スマートフォンを使った外出先での視聴機能「スマホdeレグザ」など多彩な機能を引き続き搭載。好みの番組を自動録画したり、スキマ時間での番組視聴が簡単に行える。

「おまかせ録画」の画面イメージ

東芝テレビ「レグザ」との組み合わせにおいては、レグザの高画質処理に適切な映像処理信号を送ることで、レグザの高画質処理能力を引き出す「レグザコンビネーション高画質」に対応。また、クラウドから情報を取得し高画質化処理を行うクラウドAI高画質対応レグザとの組み合わせでは、レコーダー側で録画したテレビ番組を高画質で楽しめる「クラウドAI高画質連携」に対応する。

これはレコーダー側で録画した番組を再生する際、そのコンテンツの詳細ジャンルや画質特性をクラウドから取得し、その情報をテレビ側に送信、クラウドAI高画質対応レグザがその情報をもとに適切な高画質化処理を行うことで、臨場感のある映像を再現するというものだ。

さらに、「レグザリンク」によりテレビの番組表を利用して本機に録画予約できるほか、レグザのメニューから録画番組を再生することが可能。テレビ側で録画した番組を本機に無劣化でダビングすることもできる。

ほか、不具合が発生した際に、その状況と対処法を確認できる「自己診断モード」を搭載しており、ドライブ状態、チューナー受信状態、ネット接続状態、USB機器の接続状況などがチェックできる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE