他社デバイスからの視聴も可能

アップル、定額動画配信「Apple TV+」を今秋開始。スピルバーグらによる独自作品を提供

編集部:小澤貴信
2019年03月26日
米Apple(アップル)は、現地時間25日10時から発表会を開催。アップル独自のコンテンツを提供するサブスクリプション(定額制)動画配信サービス「Apple TV+」を発表した。2019年秋よりサービス開始予定。価格は今秋に発表されるとのこと。


100ヶ国以上でサービスが提供されるとのことだが、現時点で日本を含め具体的な提供国は明かされていない。

発表会にはスティーブン・スピルバーグ氏やJ.J.エイブラムス氏ら、Apple TV+が提供する独自コンテンツを手がける著名クリエーターが多数登場した。

発表会に登壇したS・スピルバーグ氏

同時に「Apple TV」アプリの刷新も発表。据え置きのApple TVデバイスだけでなく、iPhone/iPad、Mac、さらには他社製のスマートテレビやストリーミングデバイスにもApple TVアプリが提供される。提供開始は2019年5月を予定(Macは今秋を予定)している。こちらも100以上の国々のユーザー向けに、iPhone、iPad、Apple TVの無償アップデートとして提供される。

Apple TVアプリを提供予定の具体的な他社デバイスとして、サムスン(今春より提供開始)、LG、SONY、VIZIOのスマートテレビ、ROKU、Amazon「fireTV」が挙げられた。当然、これらのデバイスでも、Apple TV+のコンテンツが視聴できることになる。

Apple TVアプリの画面

さらに、Apple TVアプリ内の新機能として、各社の有料ケーブルテレビやストリーミングサービス(チャンネル)を契約・視聴できる「Apple TVチャンネル」も発表された。こちらも5月からの公開を予定している。

テレビ番組、映画、スポーツ、ニュースなどを1つのアプリから視聴することが可能。ユーザーはApple TVチャンネルから、様々なチャンネルの契約と視聴が行える。契約や支払いは各チャンネルごとに行える。

Apple TVチャンネルで提供予定のチャンネル

具体的な配信チャンネルとしてAmazonプライムやHulu、Canal+、Charter Spectrum、DIRECTV NOW、PlayStation Vueなどが挙げられている。さらには、iTunes Storeから購入・レンタルした映画やテレビ番組も視聴できる。これらコンテンツを横断したレコメンド機能も搭載。オフライン視聴も行えるという。

関連リンク

関連記事