Googleアシスタント対応

シャープ、声で操作できるBDレコーダー7機種。上位機は4K放送録画BDやUHD BD再生にも対応

編集部:平山洸太
2019年02月15日
シャープは、ブルーレイディスクレコーダー “AQUOSブルーレイ” の新製品として、声による操作に対応した全7機種を発表した。

【Ultra HD Blu-ray再生対応 2Kモデル(3月29日発売)】
・2B-C20BT3(HDD 2TB/チューナー×3)想定価格90,000円前後
・2B-C10BT3(HDD 1TB/チューナー×3)想定価格80,000円前後

2B-C20BT3

2B-C10BT3

【2Kモデル(3月8日発売)】
・2B-C10BT1(HDD 1TB/チューナー×3)想定価格70,000円前後
・2B-C20BW1(HDD 2TB/チューナー×2)想定価格70,000円前後
・2B-C10BW1(HDD 1TB/チューナー×2/ブラック)想定価格60,000円前後
・2B-C10BW2(HDD 1TB/チューナー×2/ホワイト)想定価格60,000円前後
・2B-C05BW1(HDD 500GB/チューナー×2)想定価格50,000円前後

2B-C10BT1

2B-C10BW2(ホワイトモデル)

新たに「声でラクラク操作」に対応したことが大きな特徴。同社の液晶テレビ “AQUOS” に付属する「AQUOSリモコン」や、Googleアシスタント対応スマートスピーカー、スマートフォンのマイクから声で操作を行うことができる。

AQUOSリモコン、スマートフォン、スマートスピーカーからの操作に対応している

液晶テレビ “AQUOS” に付属する「AQUOSリモコン」

たとえば録画した番組を再生する場合は、「(番組名)を再生して」「(人名)の番組を再生して」「(ジャンル)を探して」と話すことでダイレクトに再生が行える。また「最新の〇〇」「先週の〇〇」などと期間を指定することもできる。

番組表で「竹井リーサを探して」と音声検索した結果

録画した番組を「スポーツを探して」と音声検索した結果

「簡単な操作はリモコンで、複雑な操作は音声で」をコンセプトに掲げており、「◯◯分進めて」「最初から再生して」といったリモコンでは煩雑な操作も音声で行える。 なお該当する番組が多い場合は、サムネイルで結果が表示される。この時各タイトルには番号が振られており、「◯番を再生して」といったかたちで、検索から再生まで声だけで操作を完結できる。

ほぼ全ての操作に対応しているので、「右」「決定」など、通常ならボタンで行うような操作を声で指示することも可能だ。なお対応している音声操作の詳細は、こちらのサポートページから確認することができる。

付属リモコン。左から、2B-C10BT1、2B-C10BT3、2B-C10BW2

音声で操作している様子

この音声操作「声でラクラク操作」を新たに搭載した背景は、近年の搭載HDD容量の大型化と自動録画機能の充実が大きかったとのこと。同社の調査では、録画時間の増加にともなって、録画した番組を全て見る人が減っているという。録画した番組から見たいものを探すことが難しくなっているため、それを解決するため、音声操作にたどり着いたとのことだ。

録画番組に対する最近の視聴動向

音声操作でたくさん録画した番組を簡単に探せる

ただし、「音声操作が広く普及しているわけではない」ことは認識しているとのことで、初の搭載となった今回のモデルでは、他の機器と広く連携させるというより、“レコーダー機能の音声操作” にフォーカスした。また、同社はスマートエンターテインメントサービス「COCORO VISION」を手がけているが、本機は同サービスに対応していない。同サービスへの対応は、今後ユーザーの反応を見ながら可能性を検討していきたいという。なおAlexaには非対応。

またレコーダー自体の付属リモコンにマイクは搭載されておらず、液晶テレビ “AQUOS” の付属リモコンに搭載したマイクを使うことを念頭に置いている。これは「テレビもレコーダーも1つのリモコンだけで全ての操作が行える」ようにする意図があるとのことだ。

音声操作を利用するには、レコーダーをAQUOSやスマートスピーカーと同じネットワークに接続し、専用アプリ「AQUOSスマートスピーカーコネクト」からGoogleアカウントに紐づけを行う必要がある。操作はGoogleアシスタント対応アプリ「BD(ビーディー)レコーダー」から行うため、同じネットワーク・同じアカウントに接続していれば、Googleアシスタント対応デバイスすべてから操作が行える。なお1アカウントに登録できるレコーダーは1台のみ。複数の音声操作対応レコーダーを使用するには、Googleアカウントを切り替えなければならない。

アプリからGoogleアシスタントに紐づけを行う

Google Assistantアプリを入れることで、iOS/Androidのどちらからも操作ができる

2B-C20BT3と2B-C10BT3の2機種は、Ultra HD Blu-rayの再生に対応する。これにより、同社4Kレコーダー「4B-C40AT3」「4B-C20AT3」で録画した新4K衛星放送を録画したBDディスクの4K再生も可能。放送を録画したディスクの、HLG方式のHDR映像を、HDR10に変換して出力する機能も備える。

Ultra HD Blu-rayに対応

新4K衛星放送を録画したBDディスクが4Kで再生可能

4K放送のコンテンツ保護フォーマットには「AACS2」が用いられているが、これはUltra HD Blu-rayでも採用されているもの。AACS2にはUHD BD再生に使用する「Playable」規格と、録画したコンテンツを再生するための「Recordable」という規格の2種類が存在するが、今回のレコーダーではこのAACS2 Recordable規格に対応したため、4K放送を録画したBDの再生が可能になった。4K放送自体はTLVストリームで送信されているが、同社の4K放送対応レコーダーはこれをTSストリームに変換している。

なおシャープのほかに4K放送対応のレコーダーを発売しているのはパナソニックだが、こちらはTLVストリームをそのまま録画している。このため、同じ4K放送の録画ディスクであっても、シャープの機種では再生できない。シャープとしては、いずれはTLV/TSを両方再生できる互換性が必要となることは認識しているとのことだ。

そしてこの2機種には、アンプ接続用の音声専用HDMI端子を搭載。また4Kテレビで最適な文字で表示する「4K録画リスト」、番組表のスクロールなどを高速化する「番組高速化」、人気の番組をランキングで表示する「ランキング表示」にも対応する。

そのほか全機種共通として、番組表において「スポーツ」「音楽」など、指定したジャンルの番組だけを強調表示する「指定ジャンル強調」を搭載した。番組表形式のの時系列表示のまま、特定のジャンルだけを浮かび上がらせるように表示できる、ありそうでなかった機能だ。そのほか、地上デジタル/BSデジタル放送の新作連続ドラマを自動で4週間分録画できる「ドラ丸」、見たいシーンをサムネイルで探せる「見どころポップアップ」といった機能に対応する。

ドラマを自動で4週間分録画できる「ドラ丸」

「指定ジャンル強調」

また外出先から視聴や録画予約ができるスマートフォン連携に対応しており、ドライブは耐塵対策や光学性能を改善し耐久性を向上させる「ホコリシールドBDドライブ」の設計。さらに録りためた番組を新しいレコーダーにダビングする「買い替えお引越しダビング」、60の子画面で番組の内容が1目でわかる「番組内容まるわかり」、放送中の番組を一時停止したり遡って再生できる「AQUOSタイムシフト」に対応する。

背面端子には、データ送受信用のLANポート、外付けHDD用のUSB端子を搭載。2B-C10BT1、2B-C20BW1、2B-C10BW1/2、2B-C05BW1の4機種はアナログ映像・音声入力を備える。2B-C05BW1以外の全機種には無線LANユニットも内蔵する。

2B-C10BT1(前面パネルを開いた状態)

2B-C10BT3の背面端子部

外形寸法は2B-C20BT3・2B-C10BT3が430W×57.5H×229Dmmで、2B-C10BT1・2B-C20BW1・2B-C10BW1/2・2B-C05BW1が430W×48H×195Dmm。そして質量は2B-C20BT3が約3.3kg、2B-C10BT3が約3.1kg、2B-C10BT1が約2.2kg、2B-C20BW1が約2.5kg、2B-C10BW1/2が約2.2kg、2B-C05BW1が約2.2kgとなる。

関連記事