動作速度も改善

シャープ、スカパー!内蔵/Wi-Fi対応のAQUOSブルーレイ“ハイグレードシリーズ”2機種

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月28日
シャープ(株)は、タイムシフト機能「ちょっと戻っテレビ」や「最新上書き録画」などに対応し、無線LANユニットも内蔵したAQUOSブルーレイ“ハイグレードシリーズ”2機種を3月25日に発売する。詳細は下記の通り。

・「BD-W1100」(1TB)¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
・「BD-W510」(500GB)¥OPEN(予想実売価格85,000円前後)

BD-W1100

BD-W1100のフロントパネルを開けたところ


BD-W510
2機種とも地上/BS/110度CSチューナーを2基ずつに加え、スカパー!HDチューナーも1基搭載したBDレコーダー。内蔵HDD容量が異なるほかは、両機種とも共通の仕様を備える。

■新機能「ちょっと戻っテレビ」と「最新上書き録画」など便利機能 − 外付けUSB-HDDにダイレクト録画も

テレビ番組視聴中に、見逃したシーンをその場で見直すことができるタイムシフト機能「ちょっと戻っテレビ」に対応する。リモコンの「前」ボタンを押すと、視聴中の番組の下にチャンネルごとのタイムシフト可能シーンの一覧が表示され、戻って視聴したい番組を選択できる。画質はDRモード。

リモコンの「前」ボタンを押すと、視聴番組をタイムシフト再生できる

画面下部に表示されるタイムシフト番組一覧の上には、タイムシフトの時間軸に沿って動くバーが表示されている

タイムシフト時間は30/60/90分の中から任意で設定できる。一度タイムシフトするとそれまでの蓄積分はリセットされて、その時点からまた新しくタイムシフト可能シーンの蓄積が始まる。また、チャンネルを切り替えた場合も蓄積分がリセットされる。

付属リモコン

加えて、ニュースやスポーツなど好みのジャンルを指定しておくと、各ジャンルに該当する一番新しい番組を自動で上書き録画していく「最新上書き録画」機能にも対応している。

「最新上書き録画」HDD内の録画番組一覧の左上に、白枠で設定ジャンルの最新録画番組が表示される

録画は1番組単位で行われ、ジャンルごとに最新番組が放送されるたびに、同ジャンルの1つ前の番組に上書きする形で録画されるため、常に各ジャンルの最新番組を録画しておくことができる。

EPG画面から「最新上書き録画設定」を選択

プリセットされたジャンルの中から最大4件までジャンルの登録が行える

ジャンルは、プリセットされている全117種類から4つまで指定しておくことができる。なお、ユーザーが任意で新しいジャンルを追加することはできない。

ジャンル名は、メインジャンルとサブジャンルから設定可能

録画対象とする放送局や、録画画質も設定できる

そのほか、予約録画をしておかなくても、キーワードを入れるだけで条件に合う番組を自動録画する「キーワード自動録画」や、長時間モードで録画した番組を、BDディスクの容量ぴったりになる長時間モードに変換してダビングできる「長時間画質ダビング」にも対応。また、録画番組のオリジナル映像を残したままで、HDD内に画質変換してダビングを行うこともできる。

また、外付けUSB-HDDへの直接録画にも対応する。相互ムーブも可能で、USB-HDDに録画した番組を本機へムーブしてBDディスク保存することも簡単に行える。なお、外付けUSB-HDDに録画した番組を、直接BDにダビングすることはできず、一度内蔵HDDにダビングする手順が必要となる。

■「Wi-Fiコネクト」にも対応

無線LANアクセスポイント機能「Wi-Fiコネクト」を搭載しており、液晶テレビ“AQUOS”やスマートフォン“AQUOS PHONE”などを本機とWi-Fiで直接接続することが可能。例えば、リビングに設置した本機のチューナーで受信した番組を、ルーターを使わずに別室のAQUOSやAQUOS PHONEに配信して視聴することができる。

■使い勝手「スピードBDダビング」と「高速トレイオープン」

新規開発のBDドライブメカを搭載し、HDD録画した番組のBDディスクダビング所要時間を従来機種「BD-W1000」との比較で約20%アップした。これまでは、このスピードで記録しようとすると、ディスクの振動が制御しきれなかったり、ピックアップレンズの移動精度が追いつかなかったりすることが多かった。新開発メカではこれを抑え、ダビング速度の短縮化を実現した。

また、従来機種では約1.5秒かかっていたトレイオープンスタートまでの時間を、従来の三分の一のスピードとなる約0.5秒にまで短縮している。

■「AQUOS純モード」を強化 / 長時間録画画質も向上

本機はHDMI連携機能「AQUOSファミリンクII」にも対応しており、AQUOSとの接続時に、AQUOSのノイズリダクション効果に合わせて画質調整を行う機能「AQUOS純モード」を強化している。

テレビとレコーダーの双方でノイズリダクション機能がONになっていることで映像がボケてしまう状態を回避するため、テレビ側がONならレコーダー側をOFFに、テレビ側がOFFならレコーダー側をONにするといった具合に、テレビの状態に合わせて本機のノイズリダクション設定を自動で調整する。

また、シーンごとにアルゴリズムを変更することで、長時間録画時の画質も向上。シーン検出の精度を向上させ、今までほぼ一定であったビットレートコントロール制御を、映像ごとに細かく最適化するよう改めた。動きの速いシーンや細かい風景の映像には、より多くのデータ量を割り当てる。AQUOSの高画質化に合わせて、本機のノイズリダクション処理も最適化し、微細ノイズを抑えて高精細化を実現する。

HDMI出力端子は両機とも1系統。ほかにビデオ入力1/出力1、D端子出力1、光デジタル音声出力1などの各端子を備える。LAN端子も装備している。

外形寸法は両機とも430W×58H×236Dmm、質量はW1100が約3.5kg、W510が約3.3kg。消費電力はW1100が約33W、W510が約30W。

【問い合わせ先】
シャープお客様相談センター
TEL/0120-001-251
新着記事を見る
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドSHARP
  • 型番BD-W1100
  • 発売日2012年3月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
【SPEC】 ●チューナー:地上/BS/110度CS×2、スカパー!HD×1 ●録画可能ディスク:BD-RE XL/ver.2.1、BD-R XL/ver.1.1、1.2、1.3、1.2LTH、1.3LTH、DVD-RW/-R、DVD-R DL ●再生可能ディスク:BD-Video、BD-RE ver.2.1、BD-R XL、BD-R XL/ver.1.1、1.2、1.3、1.2LTH、1.3LTHDVDビデオ、DVD-RW/-R、DVDビデオ、音楽CD、CD-RW/-R、DVD-RAM、DVD+RW/+R ●記録圧縮方式:映像 MPEG2/MPEG-4 AVC/H.264、音声 MPEG2 AAC/ドルビーデジタル ●接続端子:映像入出力×1ずつ、D4出力×1、HDMI出力×1、光デジタル音声出力×1 USB×1 ●消費電力:約33W ●外形寸法:430W×58H×236Dmm ●質量:約3.5kg
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドSHARP
  • 型番BD-W510
  • 発売日2012年3月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格85,000円前後)
【SPEC】 ●チューナー:地上/BS/110度CS×2、スカパー!HD×1 ●録画可能ディスク:BD-RE XL/ver.2.1、BD-R XL/ver.1.1、1.2、1.3、1.2LTH、1.3LTH、DVD-RW/-R、DVD-R DL ●再生可能ディスク:BD-Video、BD-RE ver.2.1、BD-R XL、BD-R XL/ver.1.1、1.2、1.3、1.2LTH、1.3LTHDVDビデオ、DVD-RW/-R、DVDビデオ、音楽CD、CD-RW/-R、DVD-RAM、DVD+RW/+R ●記録圧縮方式:映像 MPEG2/MPEG-4 AVC/H.264、音声 MPEG2 AAC/ドルビーデジタル ●接続端子:映像入出力×1ずつ、D4出力×1、HDMI出力×1、光デジタル音声出力×1 USB×1 ●消費電力:約30W ●外形寸法:430W×58H×236Dmm ●質量:約3.3kg

関連記事