開発担当が詳細を解説

パイオニア「UDP-LX800」を同社視聴室で体験するイベントが参加者募集中。視聴室の一般公開は初

編集部:小澤貴信
2019年02月06日
オンキヨー&パイオニアは、同社試聴室に一般の方を招き、旗艦UHD BDプレーヤー「UDP-LX800」(関連ニュース)の視聴会を行う。日時は2月22日 19:00〜20:30。

初の一般公開となるパイオニア視聴室で、「UDP-LX800」の視聴会が開催

会場として使用されるのは、東京都墨田区(最寄り駅はJR 両国駅)にあるオンキヨー&パイオニアの開発視聴室。2016年に新設され、主にマルチチャンネル対応製品の開発設計に用いられている。一般向けに公開されるのは今回が初めてだという。

同視聴室にはパイオニアのハイエンドスピーカー「S-1EX」を6本用いた7.2.4chシステムが常備。開発リファレンスとなる最上のサウンドでUDP-LX800のサウンドを体験できる。

また、イベントではUDP-LX800の開発に携わったエンジニアが、製品の詳細や開発エピソードの紹介を交えながら視聴を進めていく。

視聴会への参加は応募制で、参加費は無料。応募受付期間は2月6日〜2月13日 23:30までで、応募者多数の場合は抽選になる。

参加申し込みはこちらのページから受け付けている。当選者には、追って詳細を連絡するとのこと。

関連記事