圧迫感が少なく軽い装着感の開放型を採用

JVC、レトロなツートーンカラーデザインの開放型Bluetoothイヤホン「HA-F15BT」

編集部:川田菜月
2019年01月31日
JVCケンウッドは、JVCブランドより、レトロなツートーンカラーを採用した開放型Bluetoothイヤホン「HA-F15BT」を2月中旬から発売する。価格はオープンだが、3,500円前後での実売が想定される。

「HA-F15BT」

本体の形状・サイズを調整した開放型を採用し、圧迫感が少なく軽い装着感を実現し、長時間使用にも最適。また開放型のため周囲の音も聞き取りやすいとしている。

外観はファッション性の高いレトロなカラーリングのツートーンデザインを採用。RB(レッド×ブラック)、AH(ブルー×グレー)、GC(カーキ×ベージュ)、PT(ピンク×ブラウン)の4パターンを用意する。

RB(レッド×ブラック)、AH(ブルー×グレー)、GC(カーキ×ベージュ)、PT(ピンク×ブラウン)の4色展開

IPX2の防滴性能を備え、汗や雨にも強い仕様とのこと。内蔵バッテリーは約3時間の充電で、約6.5時間の連続再生が可能。BluetoothはVer.5.0、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデックはSBCをサポートする。

ケーブルには、被覆部分に微細な溝を入れることで、摩擦を抑え絡みにくいよう配慮した「グルーヴケーブル」を採用。また音量調整や音楽再生/停止、Bluetoothペアリング、スマートフォンの音声アシスタント起動などが操作できるリモコンを備える。マイク内蔵で、ハンズフリー通話にも対応する。再生周波数帯域は20Hz - 20kHz、質量は約11g。

関連記事