HOME > ニュース > Jaybird、接続安定性を高めた完全ワイヤレスイヤホン「RUN XT」。IPX7の防水性能も装備

カラーはブラック/グレーの2色

Jaybird、接続安定性を高めた完全ワイヤレスイヤホン「RUN XT」。IPX7の防水性能も装備

2019/01/30 編集部:川田菜月
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ロジクールは、Jaybirdブランドより、完全ワイヤレスイヤホン「RUN」のアップデートモデル「RUN XT」を2月7日から発売する。価格は23,880円(税抜)。

「RUN XT」

カラーはブラック、グレーの2色

RUN XTは、従来モデル「RUN」をベースにBluetooth接続の安定性向上などアップデートを図ったモデル。防水性能はIPX7を取得し、さらに水分以外の油分や酸、塩分などを含む汗にも強い独自設計を引き続き施しているとのこと。

カラーはBLACK/GRAYの2色を用意。従来はボタン部分の色がブラックとホワイトという2色展開であったが、RUN XTでは本体とボタン周囲のリング部分を全て同色とし、ノズル部分に明るいイエロー/ブルーを配色している。

ノズル部分に明るいイエロー/ブルーを配色し、同ブランドのBluetoothイヤホン「TARAH」などの同様のカラーリングに刷新。ケースも本体と同じカラーを採用する

シリコン製のイヤーチップとイヤーフィンを各サイズ用意。丸型イヤーチップはS/M、楕円型イヤーチップはS/M、イヤーフィンは4サイズ同梱しており、あらゆる耳に対して高い装着感と、激しい動きにもずれにくいフィット感を実現するとしている。

Jaybirdアプリにも対応しており、低域から高域まで自由にカスタマイズが可能で、調整したサウンドプロファイルはイヤホン本体に直接保存できる。またアプリ内に「イヤホン検索」機能を備えており、万が一イヤホンを紛失した場合も探すことができる。

Jaybirdアプリにも対応。自由に音質カスタマイズが可能

ドライバー径は6mm。マイク内蔵でハンズフリー通話も可能となる。Bluetoothはバージョン4.1で、プロファイルはHandsfree/Headset/A2DP/AVCRP/SPP、コーデックはSBCをサポートする。

充電は約2時間で、イヤホン本体は最長4時間の再生が可能。2回分の充電が可能なケースと合わせて、最大12時間の使用が可能。急速充電にも対応しており、5分で1時間使用できる。周波数特性は20Hz - 20kHz、インピーダンスは16Ω。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク