発売に合わせた割引キャンペーンも

LINN、「DSM」にデコード機能を追加しサラウンド再生能力を強化するアップグレードモジュール

編集部:押野 由宇
2019年01月25日
リンジャパンは、「DSM」シリーズにデコード機能を追加するサラウンド・プロセッシング・モジュールを発売することを発表した。発売は2月を予定。モジュール単体での価格は250,000円(税抜)、対象のDSM製品と同時購入の場合は200,000円(税抜)。

これまでDSMシリーズのHDMI入力はPCMのみの対応だったことから、サラウンド再生をする場合にはプレーヤー側でデコーディングを行いPCM変換し、DSMのHDMI端子にはPCMマルチチャンネル音声を入力する、もしくはAVアンプからのフロントchプリ出力をライン入力し、フロントの再生を受け持つ必要があった。

これに対し、今回発売となるモジュールをHDMI基盤に追加することで、DSMでのデコーディングを実現。PCMマルチチャンネル出力のないプレーヤーとの組み合わせにおいても、LINNテクノロジーをフル活用した2.0〜7.1chサラウンド再生が可能となると説明している。

対応するサラウンドフォーマットは「DTS-HD Master Audio 」「DTS-HD High Resolution Audio DTS 96/24」「DTS」「Dolby True HD」「Dolby Digital Plus」「Dolby Digital PCM」。

対象製品は、「KLIMAX DSM」「KLIMAX SYSTEM HUB」「KLIMAX EXAKT DSM」「AKURATE DSM」「AKURATE SYSTEM HUB」「AKURATE EXAKT DSM」のうち、最新タイプのHDMI基板(HDMI 2.0)を搭載したモデルとなる。

また、「Davaar 68」へのファームウェアアップデートにより、DSMとEXAKT LINKで連携するすべてのEXAKTBOX製品が、サラウンドの各チャンネルを受け持つことが可能になるとしている。

EXAKTBOXの各出力にサラウンドのいずれかのチャンネルをアサインすることで、LINN以外のメーカーの一般的なパッシブスピーカーと組み合わせてのサラウンドシステムが構築できるようになる。

なお、このサラウンド・プロセッシング・モジュール発表を受け、「LINN KISTO」「KINOS」「EXOTIK+DA」のユーザーを対象としたアップグレードプログラムが実施される。

期間中に「KLIMAX DSMもしくはAKURATE DSM」と「サラウンド・プロセッシング・モジュール」を同時に購入すると、現在所有しているKISTO / KINOS / EXOTIK+DSをトレードインすることで、購入するKLIMAX DSM / AKURATE DSMが10%オフとなるというもの。期間は1月25日から2019年3月31日注文分まで。

関連リンク

関連記事