マルチペアリング機能も搭載

Marshall、小型化や防水対応を実現したBluetoothスピーカー第二世代「Killburn II」

編集部:小澤貴信
2018年12月07日
Zound Industries Internationalは、同社が手がけるMarshallブランドより、ポータブルBluetoothスピーカー「Killburn II」を12月14日より発売する。価格は49,880円(税抜)。

「Killburn II」

従来モデル「Killburn」の力強いサウンドはそのままに、ひと回りコンパクト化したサイズを実現したと同社は説明。

バスレフ型・ステレオ仕様のスピーカーシステムを搭載し、本機では新たに背面にトゥイーターユニットも追加した。ウーファー用に20WのクラスDアンプを1基、トゥイーター用に8WのクラスDアンプを2基搭載する。TREBLE/BASSのアナログコントロールを使って、音質を好みに調整することもできる。

背面部

Bluetoothはバージョン5.0で、aptXコーデックにも対応。新たにマルチペアリング機能も搭載した。再生時間は従来から引き続き約20時間(充電時間約2.5時間)を実現。加えて、新たに急速充電にも対応したことで、約20分の充電で3時間以上の再生が可能となった。

本機からIPX2の防水性能も搭載。デザイン面では、本体上部のレトロなインタラクションノブなどを特徴としている。入力はBluetoothに加えて、3.5mmステレオミニ端子も搭載。

周波数特性は52Hz〜20kHz、最大音圧は100.4dB SPL@1m。外形寸法は243W×162H×140Dmm、質量は2.5kg。

関連記事