2016秋冬限定「A1」ブラックカラーはレギュラーに

Bang&Olufsen、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」数量限定カラーに桜色“Pink”再登場

編集部:川田菜月
2018年11月22日
完実電気は、同社が取り扱うBang&Olufsenより、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」の数量限定カラー“Pink”を11月29日から発売する。価格は32,900円(税抜)。

「Beoplay E8」の数量限定カラー“Pink”

Beoplay E8は独自設計の5.7mmダイナミックドライバーを搭載する完全ワイヤレスイヤホン。今回登場した数量限定モデルでは、桜の淡いピンクにインスパイアされたというピンクカラーを採用、「アルマイトやレザーの印象を和らげ、よりエレガントに表現した」という。

桜の淡いピンクにインスパイアされたというピンクカラーを採用

左右イヤホンの通信にはNFMI(Near-Field Magnetic Induction)技術を採用、音の途切れを最小限に抑えて安定した接続を実現するとのこと。音質はBang & Olufsenのエンジニアがチューニングを施し、聴き疲れのないオールラウンドなサウンドだとしている。

筐体は人間の耳の形やカーブの研究を重ねてデザイン、装着性を高めている。連続再生時間は最大約4時間、本革製の専用充電ケースにより最大2回分の充電が可能。BluetoothはVer.4.2を搭載、対応音声コーデックはSBC/AAC、マイク内蔵でハンズフリー通話も行える。

また、2016年に「Autumn Winter Collection」として発売され好評だったというブラックカラーがレギュラーモデルとして再登場。Bluetoothスピーカー「Beoplay A1」を同日11月29日に発売する、価格は29,900円(税抜)。

Bluetoothスピーカー「Beoplay A1」のブラックが定番化

A1は、ドーム型を採用したアルミ製の筐体に、二重成形のポリマーベースを採用した突出したボタンやレッグ部を排した美しいデザインの小型Bluetoothスピーカー。強力なネオジウムマグネットを使用した3/4インチ アルミコーン・フルレンジ、シルクドーム・ツィーターの2ウェイ構成で、最大24時間の長時間駆動も可能。また360度全方位に広がる「True360オムニディレクショナルサウンド」を採用する

関連記事