世界初「BOSE AR」搭載モデル

米BOSE、サングラス型ウェアラブルデバイス「Frames」。199ドルで2019年1月発売

編集部:押野 由宇
2018年12月06日
米ボーズは、オーディオ拡張現実(AR)プラットフォーム「BOSE AR」に対応するサングラス型ウェアラブルデバイス「Frames」を発表した。同時に予約受付を開始し、アメリカでは2019年1月より発売される。価格は199ドル。カラーはマットブラックで、「RONDO」と「ALTO」の2モデルをラインナップする。

「Frames」(RONDO)

「Frames」(ALTO)

Framesはボーズが開発したARプラットフォーム「BOSE AR」を搭載した世界初のモデル。9軸のヘッドモーションセンサーとiOS/AndroidデバイスのGPSを使用することで、ユーザーの位置情報などを取得し、エンターテインメントなどに活用することができるという。「BOSE AR」アプリは来年発売予定となっている。

またFramesはワイヤレスヘッドホンとしての機能も備える。非常に薄型の「音響パッケージ」を本体のアーム内部に搭載しており、ユーザーにだけ聴こえるように音楽を再生するとしている。

装着イメージ

また右のこめかみ部に超小型マイクとボタンを備えており、タッチおよび音声コントロールが可能。SiriやGoogle Assistantの利用や、ハンズフリー通話、曲の一時停止やスキップなどの操作が行える。「Bose Connect」アプリも、ソフトウェア・アップデートによりFramesに対応する。

右アームにマイクとボタンを装備

リチウムバッテリーにより、約2時間の充電で音楽再生時は約3.5時間、スタンバイ時は最大12時間の駆動を実現している。

サングラスとしてはUVA/UVBを最大99%ブロック。傷がつきにくく耐久性のある設計を採用しており、質量は45gとなる。クリーニングクロス/バッグと保護ケースが付属する。

関連リンク

関連記事