譲渡額は899億円

日立製作所、クラリオンを仏自動車部品大手フォルシアに899億円で売却

編集部:平山洸太
2018年10月26日
(株)日立製作所は、同社の連結子会社であるクラリオン(株)の売却を行うことを発表した。

売却先は、仏自動車部品大手のフォルシア・エス・エーの子会社であるエナップ シス エスエーエス。エナップが2019年1月に行う予定の公開買付けに、日立が保有するクラリオンの全普通株式を応募し、899億円で譲渡が行われる見通し。

本買い付けにより日立は、同社が保有していた63.80%のクラリオン株すべてを手放す。また同社は2019年3月期の連結決算において、事業再編等利益650億円を計上する予定となる。公開買付け成立後に、クラリオンは日立の連結子会社を外れることになる。

クラリオンは1940年に電池式家庭用ラジオの製造会社として設立。現在は主にカーナビやカーオーディオなどの車載情報機器/音響機器の開発・生産・販売を手がけるほか、高度安全走行システムの先端的な技術開発と事業化を中長期的な重要事業と定めて推進している。なお、2006年から日立の連結子会社となっていた。

日立はプレスリリースにて、「自動社関連業界においてグローバルな競争が激化する中、クラリオンがフォルシアの顧客基盤や事業基盤、技術力を活用することで、さらなる成長の加速と企業価値の向上を実現できると判断し、本公開買付けに応募することとした」とコメント。

また、日立および同子会社の日立オートモティブシステムズは、自動運転など注力分野の成長に向けて、今後もクラリオンとの協力関係を継続していくという。また、今回の売却で獲得する資金を活用して、自動運転などモビリティ分野を含む社会イノベーション事業を加速していくとしている。

関連記事