長時間の安定駆動を実現

日立、4,200ルーメンを実現したLED光源DLPプロジェクター「LP-GU4001J」

編集部:押野 由宇
2018年02月15日
日立コンシューマ・マーケティングは、LED光源を搭載した1チップDLP方式を採用したプロジェクター「LP-GU4001J」を、2月26日より発売する。価格はオープン。

「LP-GU4001J」

LP-GU4001Jは、HLD(High Lumen Density) LEDと独自の高効率光学技術を組み合わせた光学エンジンを搭載することで、明るさ4,200ルーメンを実現したDLPプロジェクター。HLD LEDは、複数の青色LEDが発する光を、無機蛍光体とロッドレンズを通じて高出力の緑色光に変換するもので、これらが発光する色純度の高い光と高速な応答性によって自然で忠実な色再現を可能にし、より鮮明な映像を投写できるとしている。

3原色が別々のLED光源から発光されるため、カラーホイールや蛍光体ホイールおよび駆動用モーター部品といった有寿命部品を削減したことで光学エンジンの信頼性が向上。LED光源の寿命は約20,000時間で、高圧水銀ランプと比べて長時間の投写が可能となる。

また、光学エンジンを防塵構造にすることで、エンジン内部の光学部品へのごみやほこりの付着を防ぎ、長時間にわたり明るく鮮明な映像を投写を可能とした。さらにヒートパイプ方式の冷却システムを採用することで、密閉された防塵構造において高効率な冷却が可能となり、光学部品の動作温度を安定させたとする。

独自の映像処理技術「HDCR(High Dynamic Contrast Range)」および「ACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)」「イメージオプティマイザ」「カラーマネージメント」機能を搭載しており、高度な画像処理により画質と視認性を向上させている。解像度はWUXGA。

ほか、複数台のプロジェクターから継ぎ目が目立たないなめらかな大画面映像を投写できる「エッジブレンディング」機能、円柱や球面に歪みを抑えた映像を投写できる「ワーピング」機能や、上下反転の投写や縦置き投写など、設置面の角度や画面位置を簡単に調整できる機能を搭載する。

端子はHDBaseTを1系統、HDMI端子を2系統装備。複数台のプロジェクターをデイジーチェーン接続し、同時投写することもできる。

なお、固体光源であるレーザー光源を採用したDLPプロジェクター「LP-WU6500J」も、2018年2月26日から発売する。こちらは、明るさが5,000ルーメンのベーシックモデルとなる。

関連リンク

関連記事